くるくる回るハンドル付きの携帯ゲーム機、29日から先行予約

7

2021年07月26日 13:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真「Playdate」(プレイデート)
「Playdate」(プレイデート)

 くるくる回るハンドルを持つ携帯ゲーム機「Playdate」(プレイデート)の先行予約が7月29日に始まる。当初は日本語を表示できないが、2022年以降にソフトウェアアップデートで対応するという。価格は24本のゲームが付いて179ドル(消費税、送料別)。決済はクレジットカードのみ。



【その他の画像】



 「Transmit」などのMac用ツールで知られる米Panicが開発した全く新しい携帯ゲーム機。76(幅)×74(高さ)×9(奥行き)mmの薄型ボディに反射型の白黒液晶ディスプレイ(400×240ピクセル)を搭載した。ゲームタイトルもどこか懐かしさを感じる2Dゲームばかりだ。



 ハンドル(クランク)はゲームのアナログコントローラーになっていて、くるくる回して「アクションを正確に操作できる」という。「すべてのゲームで使うわけではないが、『Crankin's Time Travel Adventure』のように専用のゲームもある」。



 CPUとして180MHz動作のCortex M7を搭載し、16MBのメモリと4GBのストレージ(フラッシュメモリ)を内蔵。Wi-FiやBluetoothといった通信機能も備え、日本で使用するための認証は取得済みという。



 オプションとして、Playdate本体を充電しながら音楽が聞けるBluetoothスピーカー内蔵の充電ドックを発売する。ただし先行予約では販売しない。



 Playdate購入者には、追加料金なしで3カ月に渡り、毎週2タイトルずつオリジナルゲームが届く(実際はシステム内蔵のゲームをアンロックする)。Panicはこれをテレビの連続ドラマなどになぞらえて「シーズン1」と呼ぶ。



 シーズン2以降の計画は明らかにしていないが、「さらなるゲームを企画しており、配信していく計画がある」。また今後はPlaydateのゲームが作れるSDKやブラウザで動く開発ツールも提供する。


このニュースに関するつぶやき

  • ゼンカイジャーのゲームを、このゲーム機で出しても売れないか(-ω-)回しかたが、ちょっと違うし。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • ゼンカイジャーのゲームを、このゲーム機で出しても売れないか(-ω-)回しかたが、ちょっと違うし。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(6件)

オススメゲーム

ニュース設定