JR東日本と秋田県、秋田新幹線新仙岩トンネル整備計画の推進で覚書 赤渕〜田沢湖駅間の約15キロ

3

2021年07月26日 14:21  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

JR東日本と秋田県は、秋田新幹線新仙岩トンネル整備計画の推進で覚書を締結した。

事業区間は秋田新幹線の赤渕〜田沢湖駅間の約15キロで、工期は着工から約11年を想定している。事業費は約700億円。両者は2017年11月以降、経済波及効果の分析や国による予算措置を求める要望を実施してきた。

秋田県交通政策課による委託調査によると、建設投資で約1,113億円、時間短縮による利用者便益で年間約11億円のほか、社会的損失の回避や安定運行による鉄道の信頼性向上が見込めるとしている。同区間では約7分の時間短縮が見込めるという。

今後、早期実現に向けて連携し、事業スキームの確定や事業化に資する調査などの検討、国への財政的支援の働きかけを行っていくという。

このニュースに関するつぶやき

  • 160km/h規格のトンネルを作れれば良いけどねぇ。JR的には高規格化はメンテ負担が気になるだろうから、秋田県がもっと菅首相に強請るところでは…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定