ヒーローに負けた怪人の「その後」を描いた漫画が熱くて泣ける 復興作業を通じて四天王に芽生えたものは……

13

2021年07月26日 20:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ヒーローに囲まれる怪人
ヒーローに囲まれる怪人

 ヒーローに敗北した怪人のその後を描いた漫画「敗北怪人」が、熱い展開で人気となっています。敗北後の怪人といえば爆散が定番ですが……?



【漫画】敗北怪人を読む



 先に首領がやられてしまい、ヒーローたちに囲まれてしまった四天王の「劒怪人シュベールト」。首領の命令で動いてきた彼は感情や意思がなく、抵抗もせずにヒーローたちに身を委ねるのでした。このまま殺して終わりというわけにもいかないと話し合った結果、着ぐるみ姿で子どもたちと遊ぶボランティアへ参加させられることになります。



 ヒーローや子どもたちに言われるがまま、ボランティアに興じるシュベールト。最初は自分で何一つ決められなかった彼も、子どもたちと暮らす中で少しずつ日々の小さな決断を迫られ自らの意思を持ち始めます。



 少しずつ自分で考えられるようになってきたところで、ヒーローたちから今触れ合っている子どもたちは怪人の襲撃で両親を亡くした孤児であることが明かされました。なぜか胸のあたりがギュッとなるというシュベールトに、ヒーローたちも笑顔を浮かべます。



 そんな中、生き残っていた四天王の2人が人間への襲撃を開始。孤児院の子どもたちが狙われてしまいますが、シュベールトが身を挺して守ります。首領が死のうが命令に従い襲撃を続けるという四天王2人が、シュベールトに人間への襲撃を続けようと誘います。



 怪人としての道理が脳をよぎるシュベールト。しかし、その腕には、子どもからもらったプレゼントが巻かれていました。自分の心に従うことを選んだ彼は、四天王たちと敵対することを選んだのでした。



 こうして始まった、四天王同士の戦い。しかし、1対2の状況圧倒的不利な状況に、追い詰められていきます。ボロボロになっても立ち上がり戦い続ける彼に、勝ち目はあるのか。子どもたちの運命は。そのラストは、ぜひ漫画を読んで確認してみてください。



 この漫画を公開したのは、うぼっさん。普段からTwitterや漫画投稿サイトなどで、さまざまな漫画を公開しています。



作品提供:うぼっさん



おすすめ記事


このニュースに関するつぶやき

  • まぁ、王道ヒーローものは何故か犠牲になった人たちが元通りになるので、それ原因の孤児は発生しないのだが・・・。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • こういうのはね、何回使い古されていようと、何回でも読みたいやつ。どんどん書いてほしい。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

オススメゲーム

ニュース設定