中島健人、小芝風花との“1泊2日出張”シーンは「まるで、アラジンとジャスミン」

1

2021年07月27日 07:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『彼女はキレイだった』第4話に出演する中島健人と小芝風花(C)カンテレ
『彼女はキレイだった』第4話に出演する中島健人と小芝風花(C)カンテレ
 人気グループ・Sexy Zoneの中島健人と女優の小芝風花がW主演を務める、カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『彼女はキレイだった』(毎週火曜 後9:00)第4話が、27日に放送される。今回、中島演じる宗介と、小芝演じる愛がひょんなことから1泊2日の出張に行くことに。中島は撮影について「めちゃくちゃ楽しかった」といい、「まるで、アラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんに乗っているような宗介と愛だけの世界に急になります」とこのシーンに大満足の様子だった。

【動画】『かのきれ』第3話の5分間ダイジェスト

 韓国の大ヒットドラマを原作に、さえない太っちょ少年からイケメンエリートとなった“最恐毒舌”エリートに成長した長谷部宗介と、優等生の美少女から残念女子に成長した佐藤愛の真逆の成長を遂げた2人の“すれ違う初恋”の行方を描くラブストーリー。

 第4話では、雨に打たれた愛が風邪気味だと知った宗介は、薬を渡そうとするが、これまでキツくあたってきた手前、なかなか素直に声をかけることができない。愛になんとか近づこうと試みるが、毎回、邪魔が入ってしまう。そんなある日、雑誌の企画で宗介と愛はロケハンとして1泊2日の出張へ…。

 中島が「この出張の中で、すてきだなって思ったのは、海辺にいる佐藤愛は一段と美しかった(笑)。監督から写真撮ってと依頼されていた枚数よりも多めに撮影してしまいました」と絶賛すると、小芝は照れながら「景色の良い屋外での撮影だとすごくテンションも上がりますし、いつもと変わりますね。今までの宗介と愛の2人ではありえない、解放されている感じがでて、すこしずつ宗介の素の部分が見えてきます」と注目ポイントを挙げた。

 併せて、中島は「ほどよくポップな部分としっとりとした部分があり、大人のラブストーリーだと思える放送回です。だんだん人と人とのつながりが深くなっていって、ポップな部分からよりしっとりとした大人の恋愛につながっていきます。イチオシのシーンは愛に風邪薬を渡せない宗介のごまかしプレイ。あまのじゃくな宗介が、愛に優しくしたいけれどできないもどかしさが自分自身でみても面白い」と手応えを見せる。

 また、小芝は「宗介と愛の距離がすごく縮まった放送回です。いままで厳しかった宗介がプライベートなことを話してくれるのがうれしくて、すごく近づくし、樋口と梨沙もそれぞれ自分の気持ちと戦っているのでおのおのの気持ちが高まっていく回だなって思いました」とアピールしている。

■第4話あらすじ

梨沙(佐久間由衣)ふんする愛との待ち合わせ場所に向かう途中、母親がバイク事故で亡くなったときの状況がフラッシュバックし、降りしきる雨の中で動けなくなってしまった宗介。偶然その場に居合わせた愛(小芝風花)が介抱すると、宗介は、かつて幼い愛が同じように寄り添ってくれたことを思い出し、隣にいる愛に熱いまなざしを向ける。

翌日、雨に打たれた愛が風邪気味だと知った宗介は、薬を渡してお礼を言おうとするが、これまでキツくあたってきた手前、なかなか素直に声をかけることができない。

一方、愛の初恋の相手が宗介だと知る樋口(赤楚衛二)は、厳しい態度とは裏腹に、宗介がいつも愛を気にかけていることに気付き、焦りを覚える。さらに、好きな人をあきらめたいという梨沙の頼みで婚約者のフリをすることになり、約束の場所へ向かうと、梨沙の隣にいたのは宗介で…。

翌日、急きょ1泊2日で出張に行くことになった宗介と愛。雨の日の一件以来、2人の間には気まずい雰囲気が流れていたが、あるハプニングがきっかけで、宗介は初めて愛に素の自分を見せる。愛もまた、久しぶりに見た宗介の優しい笑顔に胸がときめく。その頃、梨沙は愛の部屋で、宗介と愛の思い出のパズルのピースを見つけて…。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定