光に照らされたときの“ゆらぎ”まで素敵なの。作家「おおやぶみよ」さんが手がけるガラス作品が気になるんです

2

2021年07月27日 10:51  isuta

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

2020年に引き続き、おうちで過ごす時間が多い毎日。そんな時間を少しでも楽しもうと、自炊に精を出したり、インテリアにこだわったりと、新たな趣味を見つけた人も多いのではないでしょうか。

いつもの料理も、うつわにこだわるだけで、グッとおいしそうに見えてくるはず。見慣れたお部屋にも、新しいインテリアをプラスすることで、おしゃれな雰囲気になりますよね。

今回はぜひおうちに取り入れてほしい、沖縄県で活動するガラス作家・おおやぶみよさんの作品をご紹介します。

ガラス作家・おおやぶみよさん

@akinajimbo / Instagram

おおやぶみよさん(@miyooyabu)は、沖縄・読谷で活動しているガラス作家。

2003年に沖縄でアトリエを設立して以来、吹き、成形、仕上げなど、完成に至るまでの工程を、一貫して一人で製作しているそうです。

@rino_tochihara / Instagram

1点1点、手作業で作られていることから、すべて形や模様が異なるのも特徴のひとつ。気泡の入り方、光の当たり方、影のでき方などひとつとして同じものはなく、味が感じられる作品ばかりなんです。

光の入り方によって生まれる、ゆらぎや影まで幻想的。おおやぶさんの作品には、曲線が多く用いられていて、どこか柔らかく、温かみが感じられますね。

透明だからこそ、食材が映える

@rimiko_i / Instagram

おおやぶさんの作品は、そのまま飾っておくだけでも画になりますが、食材を盛ることで、さらなる魅力を発揮します。

派手な装飾はありませんが、独特なフォルムとガラスの表情によって、食材をより素敵に魅せてくれますよ。

@rumi_kaneko / Instagram

おしゃれなプレートは、食器としてだけでなく、インテリアとして飾るのもアリ。写真のようにパロサントを焚くうつわとして利用したり、お気に入りのアクセサリーを飾ったりするのもおすすめです。

透明なガラスだからこそ、周りのインテリアにも自然となじみますよね。大きさにもよりますが、プレートは4000円台から購入できます。

お部屋に取り入れるだけでグッと垢抜けそう

@_m_oi__ka / Instagram

こちらは、一輪挿しにぴったりな「かたまりVASE」(税込3850円)。ぷっくりとしたフォルムがかわいらしく、小さいながらもインパクトがありますよね。ペーパーウェイトとして使うのもよさそうです◎

@_marina_0111 / Instagram

ほかにも、うつわやオブジェ、照明など、さまざまな作品が展開されています。おおやぶさんの作品は、オンラインストアで購入できるほか、各地で作品展も行われているので、その機会にゲットすることもできますよ。

ぜひ、ひとつひとつ作品を手に取って、じっくり見ながら、お気に入りを選んでみてくださいね。

オンラインショップはこちらから
    ニュース設定