ヤマザキマリが氷川きよしのアルバム曲で作詞を担当、作曲は木根尚登

0

2021年07月27日 11:21  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真ヤマザキマリ
ヤマザキマリ
ヤマザキマリが、氷川きよしの楽曲「生まれてきたら愛すればいい」の作詞を手がけた。

【大きな画像をもっと見る】

「生まれてきたら愛すればいい」は、8月24日にリリースされる氷川のアルバム「You are you」に収録される楽曲。氷川とヤマザキは約3年前より共通の友人を通して交流があり、氷川はヤマザキの作品「テルマエ・ロマエ」やイタリアでの生活、価値観などについて話を聞いていたという。その中で氷川はヤマザキの感性で作詞をお願いしたいと思い、2年ほど前に依頼をしたところ、ヤマザキは「いいですね、やりましょう!」と2つ返事で快諾。歌詞は1年前に完成し、作曲は木根尚登(TM NETWORK)が担当した。

氷川は「素晴らしいもの、感動するものをたくさん書かれている大作家の先生でいらっしゃる、そのマリさんに、ちょっと気軽に『歌、作ってもらえないですか』みたいな感じで言ったら、『いいですね、やりましょう!』って、すごく男らしい潔さでご快諾いただき、書いてくださいました。それで出来上がったのが、こんなに素晴らしいシャンソンの世界になって仕上がりまして、木根さんのシャンソンの世界は、まさに令和のシャンソンだなって思いました」と語る。一方のヤマザキも「重い扉を解き放ち広い空へ向けて両手を広げているような、そんな氷川さんの声を思い浮かべていたら出てきたのが『生まれてきたら愛すればいい』という、今回書かせていただいた歌詞のフレーズでした。この世に生まれたら、素直に、そして精一杯生きることを謳歌すればいい。それはまさに氷川さんの生き方から教えてもらった言葉でもあるのです」とメッセージを寄せた。

■ 氷川きよしコメント
漫画家で文筆家でもあるヤマザキマリさんですが、ヒット作の「テルマエロマエ」とか、本当にたくさんの素晴らしい書物をお書きになられています。人間的にも本当に大好きで、寛容性があるし、お話ししててもすごくさっぱりしてて、もう、すごくハッピーな人で、ネガティブなところがまったくない。
マリさんの見る世界というのはすごく広くて、大きな世界を持っていらっしゃる。
素晴らしいもの、感動するものをたくさん書かれている大作家の先生でいらっしゃる、そのマリさんに、ちょっと気軽に「歌、作ってもらえないですか」みたいな感じで言ったら、「いいですね、やりましょう!」って、すごく男らしい潔さでご快諾いただき、書いてくださいました。それで出来上がったのが、こんなに素晴らしいシャンソンの世界になって仕上がりまして、木根さんのシャンソンの世界は、まさに令和のシャンソンだなって思いました。本当に気持ちがストレートに伝わってくるし、この作品も長く歌っていける曲になったんじゃないかなと思っています。要は、全ては“愛する”しかない。生まれてきたら愛するしかない。人を恨んだり、憎んだりすることには何の答えもないし、ただ、怨嫉(おんしつ)と人に対するネガティブな気持ちっていうのは、何にもならないっていうことを感じさせてもらいました。好きになった人をただ、まっすぐ愛すればいいっていうことが、やっぱり答えなんですよね。生まれてきて、産声あげたらまず、一番最初にお母さん。赤ちゃんが母乳を求めるように、とにかく、人を愛せばいいってことがすごくわかりました。自分に嘘をつかないで、ありのまま、自分のまま愛すれば、そこに自ずと道は拓かれていくんだよ。そういう想いと、喜びも悲しみも全部自分を作ってくれる大切なものなんだよということ。哀しみとか、失敗したことがダメなことじゃなくて、それをバネに、それが私の魂として、今、現在を生きて、今があるんだよ。そういう背中を押してもらえる素晴らしい作品に出会いました。

■ ヤマザキマリコメント
日陰でしょんぼり萎んでいたひまわりを一斉に太陽に向けて大きく咲かせるような、朗々とした歌声。初めて氷川さんのコンサートを見た時に私が何よりも驚いたのは、会場のファンの方達それぞれから放たれるオーラの目を見張るような変化でした。それまではどこか俯き加減だった隣席のご年配のご婦人も、氷川さんがステージに現れた途端少女のような喜びをたたえた満面の笑みにその表情が変わっていくのを見て、私は氷川きよしという歌手のパワーを痛感したのでした。
友人としての氷川さんは、裏表のない、悩み事は忖度なく口から溢れ出てしまう実直なお茶目さと、同時にガラスのような繊細さに燃えたぎるような情熱をたたえた人です。たとえ傷つくのがわかっていても、怯まずに悲しみや辛さと向き合える勇気を備え、それを良質のエネルギーに転換して人々を元気にさせる氷川さんは、まさに表現者という名の可憐な勇者だと言えるでしょう。
重い扉を解き放ち広い空へ向けて両手を広げているような、そんな氷川さんの声を思い浮かべていたら出てきたのが「生まれてきたら愛すればいい」という、今回書かせていただいた歌詞のフレーズでした。この世に生まれたら、素直に、そして精一杯生きることを謳歌すればいい。それはまさに氷川さんの生き方から教えてもらった言葉でもあるのです。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定