問題続出で東京五輪、都議会で存在消す小池百合子知事 自民党も菅首相推しの女性都議に疑惑

5

2021年07月27日 11:50  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真都議選投開票日前日の3日、木下富美子都議(左)を激励した小池百合子知事(木下氏のSNSより)
都議選投開票日前日の3日、木下富美子都議(左)を激励した小池百合子知事(木下氏のSNSより)
 東京都議選という「祭りのあと」のスッタモンダが続いている。

 【画像】自民党の土屋美和氏の神奈川県議選と都議選で異なるプロフィールはこちら

 小池百合子都知事が特別顧問を務める都民ファーストの会(以下は都民ファ)では、都議選期間中の2日、無免許運転していたことがバレた木下富美子都議(54)。

 選挙前の2日、免許停止中に車を運転し、人身事故を起こしていたことが、当選後の翌5日になって発覚した。公認していた都民ファは同日、除名処分にした。

 23日に開催された初の臨時都議会では、木下氏の議員辞職勧告決議案が本人を除く都議126人全員から共同提出され、可決された。木下氏は「体調不良」のため欠席した。

 小池百合子都知事は「議員辞職すべきか」と記者団から尋ねられ、「きょうの決議はそういう決議。思いは同じ」と答えた。辞職勧告決議には法的拘束力がないという。政治ジャーナリストの角谷浩一氏はこう指摘する。 

「木下さんは博報堂出身で、アイデアやプランが出てくる小池さん好みの議員なんですね。だから、今回の都議選でも重点候補の一人となり、小池さんは、4日投開票日の前日の3日に木下氏の応援に入っています」

 木下都議に絡んで不透明な部分があるという。

「小池さんがいつ知ったのかということですよ。それから、彼女には常習性があるという報道もされている。彼女は今回、2期目で都民ファの議員としてやってきたわけですよね。都民ファを除名したから関係ない。私たちも議員辞職勧告に賛成しましたからというのは、単純にトカゲのしっぽ切りと同じではないか」(角谷氏)

 自民党都連関係者も、「無免許運転による事故が、選挙期間中の2日に明るみになっていれば選挙の流れはガラッと変わったと思うが後の祭りだ」と言う。

  木下氏は自身のホームページで事故の謝罪をした上で、「損ねてしまった信頼を取り戻すためにどうすれば良いか、様々なご意見をいただきながら、熟考を重ねてまいります」と記した。 AERAdot.編集部は木下氏の後援会事務所に連絡を入れたが、期限までに返事はなかった。

  木下氏を巡っては、他にも疑惑がある。赤旗(7月18日号)が新疑惑を報じた。それによると、木下氏は選挙期間中、公職選挙法が禁じている、自身のフェイスブックに選挙運動用の有料広告を出していたという。

 4回目の当選を果たした都民ファの伊藤悠都議(44)も、同様に選挙時のフェイスブックでの有料インターネット広告疑惑が報じられた。伊藤氏はツイッターで「今後、疑念を持たれることがないように、一層、法令遵守を徹底して参ります」と述べた。

「当然、公選法違反のおそれがあるわけですね。そういうものをチェックや確認が遅いですね。木下さんも議員としての歳費が出ているわけですから、いつまでも逃げ回れないでしょう」(角谷氏)

 特別顧問を務める都民ファの相次ぐ不祥事もあってか、小池知事は最近、存在感を消しているという。

「小池さんは東京五輪の開会式で、天皇陛下が開会宣言をされている時、菅首相と一緒に座ったまま、聞いていた姿がテレビで中継され、叩かれました。それ以降、五輪絡みで姿をあまり見かけません。本来なら、都知事としてバッハIOC会長をエスコートするくらいの立場だと思いますが…。東京はとうとうコロナウイルス感染者数が1週間平均で1500人を上回った(26日現在)。小池さんは東京五輪は自宅で見ましょうと言った手前、悪目立ちしても困るので大人しくしているのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 その一方、事実上の「惨敗」ながら辛うじて都議会第一党となった自民党もゴタゴタ続きだ。

 まず、文春オンライン(14日配信)で「『菅総理とメル友です』自民女性都議43歳に経歴詐称の疑い」と報じられた土屋美和都議だ。 土屋氏は世田谷区で最下位の8番目で初当選した43歳。

 「土屋さんが当選できたのは、菅首相のバックアップがあったからと聞いています」(自民党関係者)

 実際、土屋氏の選挙期間中は、菅首相の地元・横浜市の市議らも応援に駆けつけていた。

 土屋氏のツイッタ―には6月25日、菅首相の動画メッセージが貼られおり、動画の中で、菅首相は「世田谷区では期待の新人、自民党初の女性候補。土屋美和候補をお願い致します」と、ペコリと頭を下げている。

 土屋氏は都議選告示前のチラシなどで最終学歴を名門ビジネススクールの「ニューヨーク大学経営大学院修了」としていたが、華麗な経歴に疑惑があると文春は指摘している。

  同誌は「ご照会の名前と生年月日の人物は、ニューヨーク大学経営大学院で学位をとったり、授業を受けていたりした記録はない。ニューヨーク大学の別の学部の、卒業単位に含まれない授業を07年に受講していました」と報じている。

 AERAdot.編集部でも土屋氏のプロフィールを調べたところ、おやっと思う箇所を発見した。

 土屋氏は2019年4月、神奈川県議選に出馬し、447票差で落選した。当時の選挙広報を入手すると、「葉山町立葉山小学校」となっていた。しかし、今年7月の都議選の選挙広報では「世田谷区立中町小学校卒」となっていた。

 そこで土屋氏本人に神奈川県と東京都の選挙広報でなぜ、小学校が違うのか、それぞれの小学校に通っていた期間などを質問した。土屋氏はこう回答した。

 「小学2年生の時に神奈川県葉山町立葉山小学校に転入し、その後は父の関係で都内に転居しました。町立葉山小学校には3年まで在校しておりました。選挙広報には、それぞれの選挙に関係する経歴を掲載しています。世田谷区立中町小学校は卒業しています。なお、転入時期は今、手元に確認できる資料がありません」

  AERAdot.編集部でも文春で報じられた都議選のチラシを入手。チラシには「ニューヨーク大学経営大学院修了」とハッキリ書かれていた。チラシの発行所は「自由民主党本部」とあり、世田谷区内で撒かれたものだった。文春で報じられた「ニューヨーク大学経営大学院修了」の疑惑についても土屋氏に質問した。

「すでにほかのマスコミからの取材にも回答している通り、卒業しております。世論調査の結果をスタッフと分析し、当該選挙区の投票行動にとって最適だと思われる選挙広報の記載内容を決めました。結果として、MBAの経歴は記載しておりません」

 文春報道を真っ向から否定したのだ。アナウンサーの職歴「(株)時事通信社の金融専門放送のアナウンサー」についても疑惑が報じられているため、職務内容を質問した。

 「2001年から2006年まで時事通信社が運営していた金融経済専門放送で、証券会社、銀行の投資情報部やトレーディング部、個人投資家向けに、株価の実況、政治経済ニュース、その他、アナリスト、ストラテジストのインタビューなども伝えておりました」

 2019年の神奈川県議選に出馬する前には神奈川県愛甲郡に自宅の住所を移し、今回の都議選で世田谷区居住となっている点に関しては、「いずれも選挙区内に転居し居住しています」 と回答した。神戸学院大学の上脇博之教授はこう指摘した。

「神奈川県議選と都議選で使い分けて、地元の小学校を選挙広報に書いたということは、有権者は相当長いことその小学校に在籍したと思いますよね。立候補するために住所を移しているような感じもします。学歴詐称が疑われているのですから、ちゃんと説明責任を果たすべきではないでしょうか」

  また土屋氏が所属する自民党東京都連は都議選の「惨敗」を巡って、執行部の責任を問う声が上がっているという

「都連として、4年前の2017年の都議選で大敗北した時から幹部は誰も責任を取っていない。今回も結果的には負けに等しい。なのに誰もケジメをつけた人がいない。誰かにケジメをつけさせたくて、怪文書まで出ています」 (落選した都議)

 AERAdot.編集部では党内で出回っている怪文書を入手。 都連幹部 A氏の候補者選定などに関する疑惑が記され、「辞職を求める」となどと記されていた。

「Aさんはずーっと都連の職員をやってきた大物。安倍前総裁に請われて定年を特例的に延長したのも有名な話で、カネと公認権をずっと握ってきました。ずっと交代しないのは、代わりに仕切れる大物がなかなかいないということでしょう」 (東京都連関係者)

 都議選の「祭りのあと」の後始末は誰がつけるのだろうか。
(AERAdot.編集部 上田耕司)

このニュースに関するつぶやき

  • 何か問題が有ったのかな?心配された五輪からの武漢ウイルス拡散も無く、無事日程を終えたけどね。あの変な死者のパフォーマンスの事かな? https://mixi.at/abJgwxR
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • 何か問題が有ったのかな?心配された五輪からの武漢ウイルス拡散も無く、無事日程を終えたけどね。あの変な死者のパフォーマンスの事かな? https://mixi.at/abJgwxR
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

前日のランキングへ

ニュース設定