ママたちが【ママ友トラブル】に巻き込まれないようにやっている“処世術” #4「使える“断り文句”!」

1

2021年07月27日 12:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
ママを悩ませる「ママ友関係」。幼稚園や保育園、学校など、付き合いが長くなることが想定されるので、居心地が悪くならないよう、事前にトラブルを回避したいと考えるものです。

【すべてのママに懺悔したい】#7話 ビビる「ママ友づきあい」

とはいえ、自身がトラブルメーカーにならないように気をつけていても、思わぬ形でトラブルに巻き込まれてしまうケースは少なくありません。

そこで今回はママたちに、実際に経験したママ友トラブルと、その後気をつけていることについて聞いてみましたのでご紹介します。

「私の子どもが通っている園はママ同士の交流が多く、カフェ、ランチ、土日の公園と本当によく集まっています。

なので、誘われても自然に断れるように、あらかじめいろいろな断り文句を用意しています(笑)

たとえば、「習い事の体験に行く」「歯医者に行く」「資格の勉強を始めた」などです。

いろいろな断り文句があればお誘いをスムーズに断れますし、ママ友も「それなら仕方がない」と引き下がってくれます。

とくに、「資格の勉強を始めた」という断り文句はかなり使えます!市販のテキストを読んでいるだけ…という状況なのですが、一応ウソはついていないので(笑)」(接客/40代)

ママ友のお誘いは断りたいけど断りにくい…!と悩んでいる方が少なくありません。そのうえ、ママ友と集まるとトラブルのリスクも高まるもの。

しかし、こちらのママは「資格の勉強を始めた」などの言い訳でお誘いを回避!ママ友に事情を理解してもらえて誘われる頻度が減り、断る機会も少なくなったそう。これなら、気持ちも軽くなりますね。

このニュースに関するつぶやき

  • 用があるのよ〜、だけで済んでるけど?いちいち詮索しないしされないし、なんで内訳を言う必要があるのかな。そんなに詮索好きな人が多いの?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定