ハイエンド機でタイマン勝負! 最新液タブはワコムの牙城を崩せるか

1

2021年07月27日 12:02  ITmedia PC USER

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真XP-Penの新液晶タブレット「Artist Pro 16TP」
XP-Penの新液晶タブレット「Artist Pro 16TP」

 こんにちは! refeiaです。



【その他の画像】



 今日も液タブメーカーの選択肢の夢を見ていこうと思います。今回は長い願いだった、ハイエンド機の選択肢についてです。



●はじめに



 皆さんがご存じの通り、液タブは長らくワコムの寡占状態にありました。ワコム製品は書き味などはハイレベルで、プロの使用に耐えるスペックですが、低価格機の選択肢がなく、入門者は板タブ(ペンタブレット)から入るしかない構造になっていました。



 一方、ここ最近は国外メーカーが台頭してきました。安ければ2万円台で手に入る手軽な液タブでワコムのラインアップの隙間を埋める一方、性能や品質では溝を埋め切れておらず、Cintiq Proのようなハイエンド機に対抗できる製品はありませんでした。



 そんな中で、6月にXP-Penから「Artist Pro 16TP」が発売されました。見た目やカタログスペック的には「Cintiq Pro 16」のガチガチの競合機です。ついに来たか(ガタッ……)といったところですね。



 Artist Pro 16TPの主な訴求点は、



・15.6型の4K(3840×2160ピクセル)ディスプレイ



・「92%のAdobe RGB」



・マルチタッチ対応



・マット感を最適化したアンチグレアガラスの採用



・フルラミネーションディスプレイ



・消しゴム/傾き検知/筆圧8192段階対応のペン



・USB Type-Cケーブル1本での接続に対応



 となっていて、びっくりするほどCintiq Pro 16の訴求点とそっくりです。原稿執筆時点で実売価格は税込み約11万円と、XP-Penの液タブとしてはかなり高価ですが、もしCintiq Pro 16(ワコムストア価格で同18万4800円)と競合できるならば非常にリーズナブルです。



 自分はCintiq Pro 16を制作用のメイン液タブにしています。これまで3台の個体を使ってきて、基本的に気に入ってはいるものの、いくつかの不満がありました。それで、もしこれで感触が良かったら乗り換えもアリかなあ、と思ってレビューを志願したわけです。はてさて、吉と出るか凶と出るか……。



 詳しく見ていきましょう。よろしくお願いします!



●まずは本体をチェック



 今回はiPadなどとは違って、外観や接続から詳しめに入っていきますね。



 Artist Pro 16TPの表面はソリッドでシンプル、カスタマイズできるキーもありません。XP-Penは従来では見た目が多少ガチャガチャしてもボタンやキーをしっかり盛り付けてくることが多かったので、意外な印象ですね。



 ボディーの背面には何も無しで、Cintiq Proのような脚もついていないため、作画に適した角度にするにはスタンドを別途用意する必要があります。



 机に張り付いてガツガツ使う用途ならば、どうせしっかりしたスタンドを使うので脚は不要です。運んで使う機会もあるならば、脚があればスタンドを持ち歩かなくても済む場合があるので、脚は欲しいと思います。



 そして、上面と側面に操作ボタンとUSB Type-Cポートが並んでいます。USB Type-Cポートは、どちらのポートとも電力も映像信号もタブレット信号もやり取りできるタイプです。電源とディスプレイ設定以外には、輝度を直接調整できるのと、タッチ機能の有無を直接変更できるのがうれしい点ですね。



 全体的に、本体をシンプルにして高級感を演出する方向性になっていて、かなり好きな方向性です。自分の場合はカスタマイズキーよりもキーボードショートカットの方が速く快適に作業ができるので良いですが、カスタマイズキーが必要ならば、左手デバイスなどを別途用意する必要があります。



●USB Type-C端子の理想がかなった接続仕様



 次に、接続について見ていきましょう。Artist Pro 16TPは、条件がそろえばケーブル1本だけでの接続に対応しています。実際、Cintiq Pro 16を1本接続で使うために組んでいたデスクトップPCで、ケーブルをArtist Pro 16TPに差し替えたら一発で動作しました。



 最近のノートPCならば、Type-Cケーブル1本で映像とUSB信号を送れますが、ディスプレイを駆動できるほどの電源出力に対応しているかは分かりません。付属のACアダプターで電源を取るのが基本スタイルと考えておくのが良いでしょう。



 古いノートPCや、グラフィックスカードを搭載したデスクトップPCでは、付属の二股ケーブルでHDMIとUSBを1本にまとめて接続します。HDMI側が大きく、PCから突き出した端子に強い力がかかりやすい形状になっていて若干悪い予感がします。短い延長ケーブルなどで守っておくのも良いかもしれませんが、4Kの映像信号はデリケートなのでそれはそれで悪い予感がします……。



●ディスプレイ性能をチェック



 さて……、やはり見るところが多いですね。どんどんやっていきましょう。PCとサクッとつながることが分かったので、次はディスプレイ性能を見ておきます。カラーキャリブレーターで測ったところ、Adobe RGBカバー率は89%で、グラフを見てもメーカーの主張を面積比とするならば大きく外れていない値です。



 これならば、カラーキャリブレーションをすれば印刷物の色にこだわりたい人にも対応できる内容だと思います。



 特筆すべきは、sRGBシミュレーションともいうべきモードがあることです。説明書には書かれていませんが、本体のボタンで色温度を「sRGB」に設定すると、なぜか色域まで変化して、標準的なディスプレイと似た表示になります(従来の機種とは異なる挙動です)。



 これは、カラーキャリブレーターを持っていなくてもWebやゲームなどの制作に対応しやすく、標準的なディスプレイを想定して作られたコンテンツを閲覧する際には目に刺さるような発色を避けられて、かなり助かる機能です。



 これ以外にもいくつかチェックしましたが、フレーム遅延はないものの残像は出がち、スクロール中などの黒/白の変化で緑の偽色が出がち、といったところでした。完璧とも言いづらいですが、イラスト用途ならデメリットになるわけでもなく、動画鑑賞や、シビアすぎないアクションゲームにも十分対応できるレベルだと思います。



 Cintiq Pro 16はフレーム遅延があって、用途や書き味に悪影響が出ていたので、このあたりは最新機種なりのうれしさがあります。



 また、Cintiq Pro 16の大きな不満点だった発熱とファンノイズも、本機はファンレスなので無音、温度も上辺あたりがぬるくなる程度+ロゴの下あたりの狭いスポットが多少熱いぐらいでした。手袋をして作業するならほぼ気にならないと思います。



●解像度を下げてレスポンスを改善できるのが4K中型機の面白さ



 以前から、イラスト用途での4Kディスプレイはパフォーマンスに問題が出やすいとよく述べてきました。それは本機にも当てはまりますが、当てはまらなくもあります。



 本機は15.6型の4Kという極めて高PPI(282PPI)なディスプレイなので、アプリの描画が重く感じたらWQHD(2560×1440ピクセル/188PPI)ぐらいに下げてしまえばOKです。その上で、ディスプレイの設定でシャープネスを上げれば、おおむね受け入れやすい見栄えになります。



 高PPIは表示の精細さだけがメリットとして理解されがちですが、スケーリングされた映像の劣化が穏やかなのも同じぐらい大きなメリットです。



●アンチグレア処理はCintiq Pro 16と対照的



 本機はマット感を最適化したアンチグレアガラスが訴求点になっていて、Cintiq Pro 16とかぶっていると書きました。ならば、同じものなのかな? と思うのですが、実際はArtist Pro 16TPとCintiq Pro 16はほぼ真逆の立場を取っています。まずはマット面を拡大してみましょう。



 粗さが全然違いますよね。実際の表示もスカッとクリアーで精緻、iPad Proよりも高いピクセル密度が生かされています。一方で、明かりの反射は硬いですし、黒い画面には自分の顔がはっきり分かるぐらい反射します。アンチグレアとはいえ、できる限りクリアーにしようとしているのが読み取れます。



 対してCintiq Pro 16は、表示品質を犠牲にしすぎない範囲でできる限りマットにしようとしているように見えます。反射もよくぼやけますし、フェルト芯と組み合わせたときの摩擦の自然さも素晴らしいです。ペンの摩擦にこだわりが強いワコムらしいバランスのとり方です。



 この時点では、どちらが良いとは言えません。いずれの場合も、部屋を暗めにしたり間接照明にしたりして反射や黒浮きを減らせば快適になるし、正確な制作ができるようになります。普通のディスプレイより上向きで使うものなので、部屋の照明は工夫しておくとよいでしょう。



●ペンの仕様に疑問



 よし、では肝心のペンを見ていきましょう。付属のペンは傾き検知に対応し、消しゴム機能付き、筆圧検知8192段階のペンです。XP-Penのペンは消しゴムなしが多かったので少し珍しいですね。



 しかしよく見ると、同社の他の機種で見られたような逆テーパー形状+2サイドボタンではありません。ソフトなグリップもなく、ただ樹脂がずぼっと伸びているだけで、サイドボタンも下側しか押せません。



 ペンを持った感じも若干チープで、逆テーパー形状でもないため握圧を下げづらく、グリップの当たりが硬いです。1つしかないサイドボタンも、右クリックが必須なので実質カスタマイズ不能です。



 また、芯の回りがでっぷりと太くなっていて視界が悪いです。



●後退した感すらあるペン性能



 でも、まあ新型のペンっぽいし書き味が良ければ……と気を取り直して、ペンの性能もテストしてみました。まずはOKな点から見ていきます。



 ジッターは深く傾けたとき以外に感じ取れるものはなし、遅延も120分の7秒で問題なし、傾けたときのカーソルのズレもなしでした。



 不満を感じたのはオン荷重と、検知可能最大荷重と、摩擦の小ささです。オン荷重は約11g、XP-Penの他の機種やワコムのペンは7g前後になっている場合が多いので、ちょっとデッドゾーンが広いですね。



 軽いタッチで彩色のグラデーションを表現したい場合や、鉛筆風のブラシで軽く描きたいときには、違和感は感じ取れると思います。これでは描けないとも言えませんが、軽いタッチで描きたいならば他に良い選択肢があるとは言えます。



 検知可能な最大荷重は約210gでした。XP-Penのペンとしては特別低いわけではないですが、ワコムはその2倍以上までカバーしますし、ボールペンで文字を書く際の標準的な筆圧が約150gと言われていることからも、筆圧の上限に余裕があるとは言えないと思います。



 摩擦は計測できませんが、非常によく滑ります。皮脂だらけになったiPadにApple Pencilで描いているのと同じぐらいの感覚ですね。



 今時だとその状態でもスルスル描ける人もいますし、よく滑る方がむしろ楽という意見もあるので、合う人はいると思います。自分は紙よりは小さいぐらいの摩擦で線を安定させたり、筆圧をかけたりするときにズルッと滑るのを防ぎたい方なので、ちょっと厳しいというのが正直な感想です。



 総じて、ペンの仕様と性能には疑問が多いという結果になってしまいました。同社のペンには、Artist Proやイラスト用板タブに主に付属する「PA」シリーズと、学習や一般向けにも訴求している板タブに主に付属される「PH」シリーズがありますが、本機の付属ペンの型式は「PH2」でした。



 ペン先の視界が悪いことも含めて、板タブ用に設計されたペンな気がして、普通にPAが欲しかったな……という思いがあります。ともあれ、こうなったのには何らかの理由があるのでしょう。ひとまず飲み込んで実用テストに入ることにします。



●実描:ラフ



 さて、本機は今までの機種と結構描き味が違います。なので今回は、「慣れの問題」をカバーするために、実描テストの前に1週間ほど毎日使っておきました。さらに、テスト用ファイルで工程をなぞるのではなく、最初から最後まで1枚描いてみて使用感を測ろうと思います。まずはラフから行きましょう。



 ラフはシビアな表現はしませんし、レスポンスも良いので普通に描けました。他にもラフはたくさん描きましたが、滑りやすいのは自然な書き味とは言えず、心地よくもありません。慣れてきた状態では、筆圧をあまりかけずにちょろちょろ遊んでいるのは、それほど悪い体験ではありませんでした。



 気になったのは、マルチタッチ機能の完成度です。本機はiPadのような手の側面を認識して除外する機能はないですが、常にタッチ検知するモードと、ペンが検知範囲内にあるときにタッチを除外するモードと、常にタッチを無効にするモードがあります。この中の2番目の状態で使いたいのですが、サイドボタンを右クリックした瞬間にタッチが画面に通ってしまい、右クリック→意図しない部分にタッチ判定となって意図しない動作が頻発します。



 ならば、モードを切り替えながら使えば……と思うのですが、本体ボタンの反応が遅く、瞬時に切り替わるCintiq Proに比べるとストレスが大きいです。タッチが通ってしまう動作はドライバの更新で修正されることもあるでしょうが、現状ではペン+タッチの操作は実用的でないのは気を付けておくと良いでしょう。



●実描:線画と彩色



 それでは進めていきましょう。線画はラフよりも厳しい感触でした。ペンが滑りやすいことで線が不安定になり、やり直しが増えました。ならばと思って強く筆圧をかけて摩擦を増やそうとしても、力をかけると滑り、検知可能最大荷重が低いために強弱の表現が制限されてしまいます。



 とはいえ、イラストアプリの手振れ補正を上げて若干気を付けながら描けば、線の強弱や抜き入りを再現したい人も、普通に描けると思います。



 彩色は、自分はフェザータッチを多用するため、軽いときにブラシが抜けがちで、少し筆圧をかけるとベチャッと強めに出るのは気になりました。客観的に見ると閲覧する人が気にするような雑味にはならないかもしれませんが(他に雑なところはいくらでもあるので)、描いているときの気分はよくありません。



 ここでもう1つ気になったのは、ペンの微小な動きにデッドゾーンのようなものがあることです。文章では分かりづらいので動画で見てください。



 ペン先を細かく振って、光点のような小さな塊を描いたりすることがよくあるのですが、塊のボリューム感がコントロールできなかったり、ブラシの設定によってはなかなか意図する濃さにできないことがありました。これも迂回(うかい)できないわけではないですが、手指からせっかく出している抑揚も一部捨てられているのではという不安につながって、細かなストレスです。



 といったところで、完成です。



 全体として、自分の工程は全てこなせるし、仮にもっとしっかり描くとしても、品質も自分として問題ないレベルまで引き上げることもできると思います。ですが、ペン先が良く滑ることや、挙動の完成度の問題には最後まで慣れることができませんでした。



●まとめ



 よっしゃ! 長かったですが最後まで来たのでまとめていきましょう。



気に入った点



・すっきりまとまるUSB Type-C接続



・ソリッドでシンプルな、上質感のあるボディー



・非常にクリアーな表示



・sRGBモード付きの広色域ディスプレイ



・ファンレスで静か



・使用のさまたげになる発熱がほぼない



難点になり得る点



・ペン先が非常に滑りやすい



・オン荷重が高め



・検知可能最大荷重が小さい



・ペンの握り心地が硬い



・ペンのサイドボタンが1つしかない



・タッチの除外処理に問題があり、ペンとマルチタッチを併用しづらい



・内蔵スタンドがない



 Artist Pro 16TPは、リーズナブルな機種をメインに展開してきたXP-Penとしては挑戦になる、ハイエンド志向かつ、4Kディスプレイやマルチタッチを訴求したモデルです。



 従来、このカテゴリーの唯一の選択肢だったCintiq Pro 16と比べると、同機の不満点だったファンノイズと発熱ついては明らかに優れていて、このサイズの4Kがまだ初物だった2017年の機種に対して、完成度が増した最新のディスプレイや制御回路のメリットを享受できます。また、描き味とのトレードオフこそあれ、表示も非常にクリアーで満足できるものです。



 一方で、ペンの仕様や性能、書き味については、遅れているどころか従来よりも退行した感すらあり、高価な機種として容易には納得しづらい内容になっていると思います。ユーザーごとの要求に応える、細いペンやフェルト芯などのオプションも用意されていません。Cintiq Proとそのエコシステムには、一周では追いつけないほどの完成度の差を感じます。



 だからといって描けないわけではなく、メリットは少なからずあります。自分は置き換えになるとは判断しませんでしたが、フェザータッチや重い筆圧は多用せず、滑りやすい画面でもスルスルと描ける人ならば、ベストチョイスになり得るでしょう。



 とはいえ、先にレビューしたArtist Pro 24ほどの満足度はないですし、実際に合う人の層も狭そうです。購入を検討しているならば試しに触る機会を探すと良いでしょう。



 といったところで……。



 正直なところ、Cintiq Pro 16のファンノイズはなかなかに厳しいので、多少のデメリットぐらいならば折り合って「よっしゃ〜乗り換えだ〜」みたいな気持ちになりたかったのです。



 今回は何か煮え切らない締め方になってしまいましたが、XP-Penがこのカテゴリーや上級機に意欲を見せてくれていることには感謝しているし、今後も注目していきます。期待していますよ!


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定