<嫌われる子?>【後編】自己顕示欲の強い子が苦手なママの疑問。どうしてそんなに自慢してくるの?親とのかかわり方に原因が!?

2

2021年07月27日 18:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

自分が優位に立とうとする自己顕示欲の強いわが子の友達にモヤモヤする投稿者さん。投稿者さんのお悩みに「自己顕示欲が強いのは親の愛情不足が原因」や「持って生まれたその子の個性」といったママたちの声が寄せられました。さらに投稿者さんからその子のママについてコメントが寄せられました。
『その子は親から放置されていないのですが、「うちの子は聞き分けがよくて手がかからないから」とはよく言っています。彼の生まれ持った気質で暴走しているのかもしれません。たぶん子どもの話をたくさん聞いてあげられるママさんなので、きっと認めてはいるんだろうけれど、褒め方が間違えているのでしょうか。親にも認められて、他でも褒められたいようなので、「君はどれだけ承認欲求が高いんだ」と思います』
投稿者さんは、わが子の友達は愛情不足が原因で自己顕示欲が強いわけではなく、「ママの褒め方に問題があるのでは?」と推測しています。たしかに褒め方はあるかもしれませんよね。投稿者さん曰く、その子は「運動能力が高い」「コミュニケーション能力が高い」「ママの言うことをよく聞く」「先生からも信頼されている」「友達からの信頼があつい」といったなかなか“できた子”のようです。それを受けて、あるママがその子のママを分析してくれました。

自己顕示欲の強い子は親の理想を背負わされている可能性も


『その母親は、その子のことをかわいがって褒めているけれど、無意識にテレビのタレントやできの良いよその子を頻繁に褒めるとかあるかも。アイドルに夢中になりすぎているママとか、そういう性格の子はイヤだろうなと思う、実際見たことあるし』
ママの指摘の通り、親が他の子と比較してわが子を褒めたり、親の理想が高かったりすると、子どもの自己顕示欲を刺激しそうですよね。投稿者さんも、
『その子はお母さんのいうこと第一に考えて、お母さんの考え方の影響を受けているように感じます。例えば、お母さんが好きなアイドルの服を着たり、お母さんのなりたいような子になる努力をしている感じがします。男児なら少なからずそういうところありますもんね』
とコメントしています。この子の能力が高いのは、もしかしたら母親が思い描く理想像にその子がけなげに近づこうとしているからかもしれません。理想の高いママを持つ子は努力している分、他人よりも優位なことをアピールしたくなるのかもしれませんよね。自己顕示欲の強いお子さんを持つママは「他人とわが子を比較していないか」「自分の理想を子どもに押し付けてないか」「自分の理想とは異なる性格も認めてあげているか」を自分の胸に聞いてみるといいかもしれません。

自己顕示欲があることは悪いことではない


『私は自分がすごいとあんまり言えない性格だったけれど、今の社会だとどれだけ自分をよく見せられるかが結構大事で、自分がすごいと思える分野を自分で言える力って実は大切なのかもと思うようになった。私の会社だと自分のやってきたこと言語化できないとやっていけなくて、もっと自分のことを肯定してあげれば良かったと思っている』
『うちはそういうことすると周りは良い気がしないとしつけてきたけれど、大人しい子になってしまって後悔しているよ』
『直そうと思って直るものでもないと思うよ。うちの旦那もそんな感じだけれど、1番にこだわりがあって、常に会社で収入1番。嫌だと思う人もいる(私も)けれど、負けず嫌いはその人の持っている個性であり、負けず嫌いが長所にもなり短所にもなる。負けてもいいやビリでもいいや、という私はすごいなぁと尊敬できる部分もある。人間って変わるときは180度変わるみたいだから、親からうるさく言われて折れたら無気力タイプになるかもよ』
また「他人に認めてほしい」といった子どもの気持ちを無下に扱うと、自己肯定感が低くなるといった意見もありました。欲求が満たされないと自己肯定感が低くなることは往々にして考えられます。これらのママたちの声をまとめると、子どもが低学年の段階では、まずは子どものありのままを認めてあげて、褒めてあげることが大事かもしれません。そして条件付きで褒める場合は、「成果ではなく努力する過程を褒めてあげる」といいのではないでしょうか。

そして子どもが成長してからは、他人と比較して優位なことに喜ぶのではなく、誰かの役にたって誰かが喜んでいることに喜びを見出すことを教えると良さそうです。これは自己顕示欲の強い子だけでなく、反対の性格の子にも同じことが言えそうですよね。ママはできるだけ他人と比較せずに、ありのままを褒めて、万が一成果がでなくとも、挑戦する姿、努力する姿でいくらでも褒められるはずです。他の子と比較せずに子どもの個性を引き出すよう意識してみてくださいね。

文・安藤永遠 編集・山内ウェンディ イラスト・んぎまむ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 大人でもそういう人居るじゃん。その対処法と一緒だよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 術語って、学問の世界から、通俗表現に落ちて来ると、別様の意味を伴って流通するなあー。まあ、俗ってそういうものか…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定