侍ジャパン初陣ドミニカ戦、先発・山本由伸は「特別な思い」でマウンドに登る

1

2021年07月28日 07:01  webスポルティーバ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 3大会ぶりにオリンピックの正式種目として復活し、悲願の金メダル獲得を"至上命令"とされる野球日本代表「侍ジャパン」が、7月28日に東京五輪の初戦を迎える。対戦相手は、カリブ海の強豪ドミニカ共和国だ。

 ドミニカは2013年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を制したように、世界で最も野球が強い国のひとつとして名を馳せる。フェルナンド・タティス・ジュニア(サンディエゴ・パドレス)やブラディミール・ゲレーロ・ジュニア(トロント・ブルージェイズ)ら若手の長距離打者がメジャーリーグ(MLB)を席巻するなど、「ドミニカなしでMLBは成立しない」という声も聞こえるほどの人材輩出国だ。




 実際、今季開幕時点のMLBで全米50州以外の国や地域から登録された256人のうち、ドミニカは最多で98人(日本人は8人)。東京五輪や2020年以降に行なわれた同予選に、MLBは各球団でベンチ入りする26選手の派遣を認めていない。裏を返せば、ドミニカはそれだけ実力者を欠いても出場できるだけの選手層を誇っている。

「ドミニカにとって、野球はナンバーワンスポーツです。WBC以外の国際大会では出られる選手に制限がありますが、その時にいるメンバーでベストを尽くそうと、オリンピックに出られるようにプロジェクトを進めてきました」

 そう話すのが、筒香嘉智(ロサンゼルス・ドジャース傘下)や森友哉(西武)が中学時代に所属していた堺ビッグボーイズの監督を務め、日本で最もドミニカ野球に精通するひとりの阪長友仁氏だ。今回、ドミニカ代表のホセ・ゴメスGMから「補佐してほしい」と要請を受け、NPBでプレーする選手の出場について所属球団と交渉する役割などを担った。

 東京五輪に挑むドミニカ代表には"フルメンバー"から大きく劣るなか、将来のスーパースター候補がいる。今年のMLBプロスペクトランキングで5位に入ったフリオ・ロドリゲス(シアトル・マリナーズ傘下)だ。190cm、81kgの右打者はまだ20歳の大型外野手で、阪長氏も期待を寄せている。

「右の強打者で、身体能力が高くて守備もダイナミック。日本にはあまりいないタイプです」

 たとえるなら、アトランタ・ブレーブスのロベルト・アクーニャのようなイメージだ。東京五輪最終予選ではライトで華麗なジャンピングキャッチを見せるなど、出場権獲得に大きく貢献した。

 加えて注目されるのが、元メジャーリーガーの大物ふたり。そのうち2番・指名打者として起用されそうなのが、2012年オールスターに出場したメルキー・カブレラだ。2020年かぎりでニューヨーク・メッツからフリーエージェントとなって現在の所属先はないが、最終予選では打線の牽引役となった。

 もうひとりは2010年から2年続けて本塁打王に輝き、オールスターに6回選出されているホセ・バティスタ。同じくフリーエージェントのこちらも40歳となって衰えを隠せないなか、東京五輪でかつてのような打棒を見せることはできるだろうか。

 日本に馴染みのある選手を挙げると、巨人のC.C.メルセデスとエンジェル・サンチェスがメンバー入りを果たした。ブルペンにはドミニカらしい"剛腕"系のリリーバーが揃っており、彼ら先発陣がどれだけ試合を作れるかがチームの命運を握る。

 また、2015年から中日で3年間プレーした左腕のラウル・バルデス(フリーエージェント)は、43歳になった今でも母国のウインターリーグで先発するなど健在。打線では2015年に巨人で5試合出場したホアン・フランシスコ(フリーエージェント)が4番に入ると予想される。

 ドミニカの投手陣は陣容不足も否めない一方、最終予選の3試合で22点を奪うなど攻撃力は高い。打撃戦に持ち込めるかがポイントになりそうだ。

 そんな相手に対し、侍ジャパンの先発を託されたのは山本由伸(オリックス)。侍ジャパンのエースとドミニカには、実は所縁(ゆかり)がある。山本は高卒2年目の2018年オフ、現地を訪れているのだ。ウインターリーグや少年野球を視察し、そこで受けた刺激が翌年以降のステップアップにつながったと話していたことがある。

「向こうの人は純粋というか、すごく心がきれいというか、素直というか、自然というか。『野球がうまくなりたい』という気持ちがすごく強かったですね。自分は日本の環境で育ってきて、いつしか忘れていたものがありました。自分が忘れていたものや気づいていなかったことも含めて、ドミニカが思い出させてくれたというか、『これやな!』とピンときました」

 野球を始めた原点をドミニカで思い出したことが、2019年の最優秀防御率につながったと山本は言う。

「たとえば、野球で練習するにしても吸収する力が変わったり、ひとつのことをやってもふたつのことを得られたり。オフシーズンにしっかり、ひとつのメンタルトレーニングをやったように感じました。ドミニカに行ったからこそ感じられたものがあったと思うので、本当に行ってよかったです」

◆村上宗隆か鈴木誠也か、侍ジャパンの4番をラミレスが考える。「相手国の投手陣を考えれば有利に働く」>>

 山本がドミニカを訪れた際、コーディネーターを務めたのが阪長氏だった。カリブの島国から次々とスケールの大きな選手が生まれ、野球大国たらしめる土壌について同氏はこう説明する。

「一番はパッションですね。ドミニカ人は大舞台でも『勝たなければいけない』とガチガチになるのではなく、勝利するために自分たちの持っているものを出し切ろうとする。『勝たなければいけない』では硬くなってベストなパフォーマンスにつながらないと思いますが、ドミニカ人はとにかく失敗を恐れず、アグレッシブにプレーしてくるのが特徴です」

 今回の東京五輪には、オリンピックの常連だったキューバが予選で姿を消して出場しない。代わって、野球どころのカリブ海地域からエントリーしたのがドミニカだ。心身ともにスケールの大きな彼らは、1992年バルセロナ大会以来2度目となるオリンピックの舞台で、どんなプレーを見せてくれるのか。

 金メダルを宿命づけられる侍ジャパンと、初の表彰台を目指してエネルギッシュに戦うドミニカ共和国。ラテンの強力打線に対し、特別な思いを持ってマウンドに登るのが山本だ。7月28日、対照的なスタイルを誇る両雄の激突に注目が集まる。

    ニュース設定