JR西日本10/2ダイヤ改正、近畿エリア&西日本各エリアで本数見直し

3

2021年07月28日 21:11  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
JR西日本は28日、ダイヤ改正を10月2日に実施すると発表した。近畿エリアと西日本各エリアにおいて、各線区の利用状況に合わせた列車ダイヤの見直しが行われる。

近畿エリアでは、昼間時間帯の列車ダイヤが見直しに。対象となる線区と見直し本数は、琵琶湖線(北陸本線)米原〜長浜間で10本、JR京都線(東海道本線)京都〜高槻間で16本、JR神戸線(山陽本線)須磨〜西明石間で8本、山陽本線相生〜上郡間で10本、山陽本線・赤穂線姫路〜播州赤穂間で8本、大和路線(関西本線)加茂〜奈良間で8本、計60本となっている。

西日本各エリアでも、昼間時間帯を中心に列車ダイヤが見直される。対象となる線区と見直し本数は、北陸エリアの小浜線・越美北線で11本、北近畿エリアの山陰本線で5本、南紀エリアのきのくに線(紀勢本線)・和歌山線で14本、瀬戸内エリアの山陽本線・瀬戸大橋線・津山線・桃太郎線(吉備線)・福塩線で17本、山陰エリアの山陰本線・伯備線・因美線・境線・芸備線で20本。なお、最終的な列車時刻は、9月21日発売予定の「JR時刻表10月号」などで案内するとのこと。(木下健児)

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ 大鉈振るわれる可能性大だった異例の秋改正だが…幸いにもカッターナイフで斬りつけられたレベル。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定