大会唯一の3連勝で決勝トーナメントへ 森保監督「選手たちを見ても、慢心も過信もない」

1

2021年07月29日 09:12  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真フランス戦後、選手を労う森保監督 [写真]=ムツ カワモリ
フランス戦後、選手を労う森保監督 [写真]=ムツ カワモリ
 U−24日本代表は28日、東京オリンピック男子サッカー競技1次ラウンド・グループA第3節でU−24フランス代表に4−0と勝利。出場国で唯一の3戦全勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 試合後、森保一監督は「相手のことは分析しつつも、自分たちが何をできるかを準備のところからトレーニング、リカバリーしてくれました。試合では圧力が掛かったときに受け身になるのではなく、勇気を持って勇敢に個の戦いをしっかり挑み、相手を上回っていくことに挑んでくれました。個々の局面で攻守こだわってくれながらも、より高い確率で局面に勝つため、数的優位を作っていくことが今日も試合の中でできたと思っています」と試合前の準備、開始時、試合中と各場面で良いアプローチをしたと選手たちを称えた。

 フランス戦は1点差で敗れても突破が決まるという状況下での試合だったが、「この試合を勝利して決勝トーナメントに繋げていく、(勝利・突破は)相手が与えてくれるものではなく、この先のステージを自分たちが掴み取っていこうとトライしてくれた」選手たちの姿勢にも評価をしている。

 3連勝での決勝トーナメント進出となったが、「FIFAランキングが我々より上のチームに対しても同じ目線で、自信を戦っているところが良いパフォーマンスにつながっていると思います。対戦相手がどこであれ、自分たちが良い準備をする、個の良さを発揮しながら守備をして、組織力を持って戦うことを試合の中で実践してくれている」と話し、練習含めて日々選手たちが成長と結果を求めている姿勢にも喜びを見せている。

 初戦直前に負傷した冨安健洋が戦列に復帰し、大会前の負傷から徐々にコンディションを上げていた上田綺世も大会初先発となった。「戻ってきてくれて、試合でもいいパフォーマンスをしてくれたということはチームにとってさらに厚みが出て、これからの戦いに活きる」と評価し、「誰が入ってもチームは変わらない、しっかり結果を出せることをパフォーマンス、結果を持って見せてくれた」と2選手に限らず、選手を代えても登録メンバー22名が同じ戦いができる姿勢を見せていると話している。

 決勝トーナメント初戦はニュージーランドとの対戦となる。「結果を掴み取ってくれたことは称えたいですが、次のベスト8の戦いの勝利を保証してくれるものではありません。今日の試合もしっかり成果と課題を振り返って、より良いパフォーマンスを発揮できるようにしたいと思います」「選手たちを見ても、慢心も過信もなく上を目指していくれています。これをさらに続けていきたい」と、しっかりと兜の緒を締めて臨む姿勢を示している。

このニュースに関するつぶやき

  • 「スタイル良いから」発言で出来た、久保と吉田の溝が心配。。(大丈夫) https://www.youtube.com/watch?v=LItzsjI7JZc
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定