ベネディクト・カンバーバッチ主演のスパイ映画『クーリエ:最高機密の運び屋』

0

2021年07月29日 10:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ベネディクト・カンバーバッチ主演、映画『クーリエ:最高機密の運び屋』9月23日公開 (C) 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
ベネディクト・カンバーバッチ主演、映画『クーリエ:最高機密の運び屋』9月23日公開 (C) 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  『シャーロック』や『ドクター・ストレンジ』で知られる英国映画界を代表する俳優のひとり、ベネディクト・カンバーバッチが主演する映画『クーリエ:最高機密の運び屋』が、9月23日より全国公開される。予告編と場面写真7点が解禁となった。

【動画】スパイ映画『クーリエ:最高機密の運び屋』予告編

 本作は、キューバ危機の舞台裏で繰り広げられた知られざる実話を基に、核戦争回避のために命を懸けた男たちの葛藤と決断をスリリングに描いた、迫真のスパイ・サスペンス。製作総指揮も務めるカンバーバッチが演じるのは、主人公グレヴィル・ウィン。表向きは平凡なセールスマン、その裏の顔は、密命を帯びたスパイ。この男に任された極秘任務とは?

 20世紀政治史の闇に葬られた米・ソ諜報戦を題材にした本作の監督は、舞台演出家として名高いドミニク・クック。抑制を利かせた演出で、スパイ映画ならではの味わいと平凡な男のスペクタクルを見事に描き切っている。

 予告編は、ごく平凡なセールスマンの主人公グレヴィル・ウィン(ベネディクト・カンバーバッチ)が、CIAとMI6からスパイに任命されるシーンから始まる。時は1960年、東西冷戦下のロンドン。東欧に出張が多いため警戒されにくいという理由で課せられた任務は、ある人物と接触し機密情報を持ち帰る“運び屋(クーリエ)”だった。

 最初は「僕をスパイに?」と信じられない様子で笑うウィン。ソ連軍の協力者であるオレグ・ペンコフスキー大佐(メラーブ・ニニッゼ)と相対するシーンでは、「酒は強いか?」と聞かれ、「唯一の取り柄です」と返す様子はいかにもセールスマンらしい。さらに、「誰もがKGBだと思え」、「盗聴には常に警戒を」といったせりふから、普通のセールスマンがスパイになっていく緊張感がひしひしと伝わってくる。

 深入りしてはいけないと葛藤しつつも、ペンコフスキーとの友情と信頼を築いていくウィン。そして、核戦争を回避すべく「僕を利用しろ」と、平凡なセールスマンはいつしか使命感をも持ち始める。迫りくる核戦争の危機、その水面下で繰り広げられる諜報戦。

 政治体制を超え、友情と信頼で結ばれた2人の男はしかし、非情な国家の論理に引き裂かれ、過酷極まりない運命をたどることに…。「我々のような平凡な人間から世界は変わるのかも」という印象的なセリフで映像は締めくくられる。政治史の闇に葬られた知られざる物語が解き放たれる。

 場面写真は、こわばった表情で機密情報を飛行機で運ぶ姿や、盗聴を警戒して筆談で会話する緊迫の場面を切り取ったもの。ロンドンを象徴するアイコンの1つ、赤い電話ボックスに隠れて何かを警戒している様子など、スパイ映画ならではの緊張感あふれるシーンの数々に期待が高まる。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定