「Amazonパントリー」8月にサービス終了 米国に続き

4

2021年07月29日 12:52  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真おまとめボックスの概要
おまとめボックスの概要

 Amazon.co.jpは7月29日、食品や日用品を必要な分だけ購入できる「Amazonパントリー」のサービスを終了すると発表した。8月24日の午後11時59分をもって受付を終了する。



【その他の画像】



 Amazonは日本を含む世界9カ国でAmazonパントリーを展開していたが、2020年にコロナ禍の需要急増に耐えきれず一時サービスを停止。今年1月には米国でサービス終了を発表している。



 Amazonパントリーではトイレットペーパーや洗剤などの日用品を「おまとめボックス」と呼ばれる専用ダンボールでまとめて配送する。手数料は送料込み1箱390円(税別)。



 利用者はトイレットペーパーや洗剤など、かさばったり重かったりする日用品をネットで注文し、まとめて受け取れる。荷物受け取りやダンボールの処分といった手間を減らせる他、まとめ買い割引きなどのメリットもある。


このニュースに関するつぶやき

  • コロナ禍云々と言うより、単純に評判悪くて避けられてただけだろ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 久しぶりにAmazonでポチッったら、置き配がデフォになっててビックリ��exclamation ��2 再配達コストやらと盗難などのリスクを天秤⚖にかけての結論だろうし、受け取る側も利便性が高いから良いと思うけど。
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定