夏だ!サメだ!サメ映画だ! ニコ生でサメ映画だらけの「サメーフェス」開催 18作品配信

5

2021年07月29日 13:09  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真スウェーデンのサメ映画「えっ?サメ男(原題: Jaws of the Shark)」が待望の日本初上陸
スウェーデンのサメ映画「えっ?サメ男(原題: Jaws of the Shark)」が待望の日本初上陸

 サメ映画の旬の季節、夏がいよいよやってきたが、サメ映画好きを良くも悪くもうならせるド級の企画が決定した。ニコニコ生放送が毎夏配信している「ホラー百物語」に「サメーフェス2021」と題してサメ映画が乱入、日本初上陸となる作品も含む18作が7月末から9月にかけ4回に渡り配信される。



【画像】配信されるサメ映画



 作品の選定は私(サメ映画ルーキー)とサメンテーターの中野ダンキチ氏が担当し、これ以上ないというサメ映画最強打線を目指した。また、サメ映画初心者からサメ映画上級者まで幅広い視聴者に楽しんでもらうべく、「サメ映画天国篇」「サメ映画煉獄篇」、そして「サメ映画地獄篇」の3部構成とした。



 なお、見逃し対策のために各回とも24時間同じ作品をリピートする事も決まっているので安心してほしい。



※配信作品の一部はニコニコ動画プレミアム会員限定/配信作品は予告なく変更される場合があります/最新情報はニコニコ生放送公式Twitterアカウントを参照のこと



●サメ映画天国篇



【「シャークネード」のアサイラム社作品】



・「シャークネード」(2013)



・「トリプルヘッド・ジョーズ」(2015)



・「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」(2009)



・「PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星」(2016)



日程:7月30日20時〜7月31日20時



 天国篇ではこれまで(幸運にも)サメ映画に親しみの無かった人も楽しめるアサイラム作品をお送りする。「サメ映画界の絶対王者」の原点「シャークネード」に、「頭を増やし続けたら面白いのでは?」という悪ノリで製作された「トリプルヘッド・ジョーズ」、サメ映画にパラダイム・シフトを巻き起こした「メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス」、そしてギリギリの攻めたタイトルでありながら元ネタ要素は微塵もない「PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星」という構成だ。サメ映画がいかがなるものかを知るには絶好のラインアップになっている。



●サメ映画煉獄篇



【「ビーチ・シャーク」ほかネクストサメスター!】



・「シャークトパスVSプテラクーダ」(2014)



・「ビーチ・シャーク」(2011)



・「サマー・シャーク・アタック」(2016)



・「ゾンビシャーク 感染鮫」(2015)



日程::8月6日20時〜8月7日20時



 煉獄篇とは言いつつ、実はまだまだ初心者向けなので安心して欲しい。「イケメンは死なない」でおなじみの「シャークトパスVSプテラクーダ」、サメがビーチを爆泳する以外は極めて「ジョーズ」に忠実な「ビーチ・シャーク」、6月にリリースされたばかりの最新サメ映画「サマー・シャーク・アタック」そして相性がとことん悪い要素を組み合わせてしまった「ゾンビシャーク 感染鮫」と、アサイラム精神を受け継ぐサメ映画たちがめじろ押しだ。



 「これで天国と煉獄…?」と疑問を抱かれるかもしれないが、続く地獄篇を見ればその意味が分かるはずだ。天国篇はいわば前菜であり、われわれが心血を注いだのは「地獄篇」の実現である。調子に乗って10本も選んでしまったために2日間に分けて配信される事になった衝撃のラインアップを紹介しよう。



●サメ映画地獄篇



【Aグループ:「ハウス・シャーク」ほかZ級作品】



・「ウィジャ・シャーク 霊界サメ大戦」(2020)



・「スノーシャーク 悪魔のフカヒレ」(2011)



・「ランドシャーク 丘ジョーズの逆襲」(2017)



・「ハウス・シャーク」(2017)



・「Sharkenstein」(原題/旧題:フランケンジョーズ)(2016)



日程:8月20日20時〜8月21日20時



【Bグループ:日本初公開「えっ?サメ男」ほかZ級作品】



・「コマンドーシャーク 地獄の殺人サメ部隊」(2018)



・「えっ?サメ男」(2012)



・「ジュラシック・シャーク」(2012)



・「Shark Exorcist」(原題/旧題:デビルシャーク)(2015)



・「JAWS in JAPAN」(2009)



日程:9月10日20時〜9月11日20時



 ある程度サメ映画を経験している方には一目でヤバい事が伝わっているはずだが、なんと言っても最大の注目作は「えっ?サメ男(原題: Jaws of the Shark)」(2012年)だろう。10年近く前にスウェーデンで誕生したサメ映画の日本上陸がようやく実現したのである。



 私もこの作品の日本配給に向けてかなり力を入れてきたが、ありとあらゆる配給会社から拒絶され、Z級映画最後の受け皿であるコンマビジョンすらドン引きして買わなかったような作品だ。最後の最後に手を挙げたのは中野ダンキチ氏で、まさかの個人での権利購入である。今のところ本特集以外で「サメ男」の配信は決まっていない為、地獄の底を眺めてみたいサメ映画フリークには絶対にこの機会を逃さないで欲しい。



 更に衝撃なのが “Sharkenstein”(旧題「フランケンジョーズ」)と “Shark Exorcist”(旧題「デビルシャーク」)だ。両作は2021年5月いっぱいで国内配給権が失効し、「配信で気軽に見られる最低なサメ映画」としての地位を失っていた。日本のサメ映画ファンは悲嘆に暮れ、配信終了前後には両作品のレビュー数が爆増したのは記憶に新しい。今回、復活を待ち望むファンの声に応えコンマビジョンが赤字覚悟で配給権を取得したのである。まさに「王の帰還」だ。



 ただし、権利の関係上タイトルの変更も決まっている(字幕も私が改めて翻訳した)。特集企画の1つとして両作の邦題募集も行う予定なので、彼らに苦しめられたファンはその怒りを新タイトル案へと昇華して欲しい。



 この他にも、なぜかカラオケでも配信されている最低サメ映画「ジュラシック・シャーク」に、一発ネタがクラウドファンディングで実現してしまった「ハウス・シャーク」、更にコンマビジョンZ級サメ映画三部作「ランドシャーク 丘ジョーズの逆襲」「スノーシャーク 悪魔のフカヒレ」「ウィジャ・シャーク霊界サメ大戦」という隙の無い布陣に加え、日本国内では未ソフト化のポスト・アポカリプス系サメ映画「コマンドーシャーク 地獄の殺人サメ部隊」や邦画唯一にして最凶のサメ映画「JAWS in JAPAN」も組み込んだ。



 ダンテの『神曲』とは逆に天国から始まり地獄に落ちる上に、そこにはウェルギリウスもベアトリーチェもいないが、地獄に落ちるのはあなた1人ではない。サメ映画はみんなで見てこそ最大の魅力を発揮する。この夏は同志たちとの地獄巡りを存分に楽しんで欲しい。


このニュースに関するつぶやき

  • ゾンビ映画とサメ映画だけでも一生かかっても見切れない、と気付いた時に「映画を極める」のはあきらめた。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • サメといえばEF66 100番台もなんだよな…。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定