【おかえりモネ】百音&菅波先生がついに再会 「納得いきませんね」に「THE菅波(笑)」

0

2021年07月29日 14:05  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『おかえりモネ』第54回より(C)NHK
『おかえりモネ』第54回より(C)NHK
 女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月〜土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。きょう29日放送の第54回では、百音(清原)と菅波先生(坂口健太郎)がついに再会を果たし、多くの反響を集めた。

【場面写真】仕事では朝岡から何かを諭されるシーンも

 この日の放送では、局地的な大雨の影響で、完成したばかりのアンダーパスが冠水する事故が起こる。朝岡(西島秀俊)たちはあらためて予報の難しさを痛感するが、特に百音は水の怖さを視聴者に伝えなくては、と焦り、翌日から番組でも水の事故対策ばかりを伝えようとしてしまう。自然は怖いだけではないことも伝えてもらえないか、と朝岡に諭され、落ち込む百音。コインランドリーで肩を落としていると、そこに菅波先生が現れる…という内容だった。

 百音と菅波先生は、同じコインランドリーを使用しており、これまでも第50回、第52回とニアミスの連発で“すれ違い”のシーンが描かれていた。

 ついに再会を果たした菅波先生の第1声は「納得いきませんね」。登米から東京に向かう百音に対し「(東京の)人口1300万人ですよ。会いたい人に簡単に会える生ぬるい世界ではありません」と告げていたことから、視聴者も「期待通りです」「見てる方もそう思っているよ」「THE菅波(笑)」など、菅波先生のキャラクターらしさ全開にさまざまな声が届いている。
    ニュース設定