家族になって1カ月後、肉球がぷにぷにのピンク色に! 野良猫生活の厳しさがわかる漫画が話題

1

2021年07月29日 14:20  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真Nuruli/ぬるり(@nurulilom)さん提供
Nuruli/ぬるり(@nurulilom)さん提供

飼い主にとって猫の魅力といえば、クリクリした目、もふもふな体、ツンデレな性格…といろいろありますが、ぷにぷにした肉球もその一つではないでしょうか。そんな猫のチャームポイントである肉球について、野良猫時代との変化に気付いた飼い主さんがいます。

【漫画】飼育後1カ月、肉球がピンク色に変わった…全編を読む

Nuruli/ぬるり(@nurulilom)さんは今月18日、Twitterに「ネッコと肉球」という漫画を投稿しました。その漫画は保護施設で後に飼い猫となる元野良猫の“けそけそ”くんの出会いから、共同生活を描いたものですが、肉球の変化がそこに描かれていました。

迎え入れたころは、硬かったという肉球が1カ月後、柔らかくなりピンク色に変わっていました。肉球の変化は生活環境を表し、野良猫時代はいかに厳しいものであったかを想像させます。SNSでも、

「うちの子も拾ったときはひび割れて痛々しい肉球でした。今はぷりぷりつやつやです。野良の生活は過酷なんでしょうね」
「なんか、…不覚にも涙が出てしまいました。けそけそくんも、肉球様も、にんげんさんも健やかに幸せであってください」
「ぷにぷに肉球はぬるりさんがけそけそ君に愛を注いだ証…和みました」

と、共感の声が上がりました。“けそけそ”くんの様子について、飼い主さんに聞きました。

−−保護施設を訪れたきっかけは?

「同居するなら雑種の子がいいなあと思い、里親サイトを中心に保護猫を探していましたが、どこも条件が合わずなかなかご縁がありませんでした。次で駄目だったら諦めよう…という気持ちで、やや条件が緩め(単身者でもOK)な保護施設へ見学にいった…という感じです」

−−“けそけそ”くんと会ったときの感想を改めて教えてください

「ぽつんと窓際にいてじっと身を固くしているように見えました」

−−1カ月後、肉球がピンクになっているのを見て、どう思いましたか?

「うちに来てすぐの頃に硬い状態の肉球を確認しつつ、ネットで調べた知識もあったので、これから柔らかくなるのかなぁとある程度想像はしていました。が、実際に柔らかくなった肉球を触ったら、思った以上にしっとりぷにぷにでちょっと感動しました」

−−“けそけそ”くんは最初から添い寝する猫だったのでしょうか?

「うちにきて2日目くらいに、布団のすぐそばに隠れ家もどきを作ったら、トイレとごはん以外はずっとそこにいるようになりました。そこから慣れたのか、7日目くらいからわたしが寝転がると隠れ家から出てきて、添い寝っぽいことをしてくれるようになりました」

−−お名前の「けそけそ」とはどういう意味なのでしょう?

「漫画を描いてからわたしも調べたんですが、ニュアンスに合う方言はなさそうでした…。わたしは誰かが漫画で描いていた中の『けそっ…』という表現がすごく好きだったので、毛羽立ってパサついているイメージで描いていました。本当はねこには違う名前をつけたんですが、漫画を読んだ人の一部では『けそけそくん』で認識して頂いてるようだったので、Twitter上でも猫の真名は伏せたままにしています」

−−普段の“けそけそ”くんの様子を教えてください

「ごはんは好き嫌いなく食べてくれるので助かってます。ブラシも全然嫌がらないですし、添い寝もなでなでされるのも好きなようです。性格も甘えん坊ながら落ち着いていて、人間からするとすごく優しい、良い猫です」

(まいどなニュース・佐藤 利幸)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • あまりにピンク色の肉球は、逆にヤバい気配
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定