底辺警備員のクライムサスペンス&美少女エルフの野球部コメディ、モーニング新連載

0

2021年07月29日 15:52  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「鑑定眼 もっとも高価な死に方」扉ページ
「鑑定眼 もっとも高価な死に方」扉ページ
楠本寛樹原作による後藤悠太「鑑定眼 もっとも高価な死に方」、若槻ヒカル「エルフ甲子園」の新連載2本が、本日7月29日発売のモーニング35号(講談社)にてスタートした。

【大きな画像をもっと見る】

「鑑定眼 もっとも高価な死に方」は、底辺の警備員・野見大助を描くクライムサスペンス。大きな不満はないが生きている実感を持てないまま、警備員として日々を送っていた野見は、ある日緊急通報を受けて豪邸の警備に向かう。そこで強盗とはち合わせになるが……。

また「エルフ甲子園」は、異世界から暇つぶしにやってきた美少女エルフが、強豪野球部に入部して甲子園を目指すコメディ。とある野球部の練習場に紛れ込んだエルフは、そこで監督に才能を見出されてしまう。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定