ニッサンとフォードでRSC参戦のケリー・ブラザーズ、チーム運営権を手放すことを決断

0

2021年07月29日 16:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2013年にはニッサンのファクトリーチームとしてアルティマL33を投入したKelly Racing(ケリー・レーシング)
2013年にはニッサンのファクトリーチームとしてアルティマL33を投入したKelly Racing(ケリー・レーシング)
 チーム黎明期にはホールデンで参戦し、2013年にはニッサンのファクトリーチームとしてアルティマL33を投入、現在はフォード陣営の一角としてRSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップに参戦中のケリー・グローブ・レーシングだが、そのファミリーチームを運営するトッドとリックのケリー兄弟は、保有するチームの持株50%を売却し、運営権を手放すことを決断した。

「どのマニュファクチャラー時代にあっても、すべて内製で戦ってきたことは誇りだ」と語るトッドは代表を退き、13年間率いた家族経営の組織を今季参画のグローブ・グループに完全移譲すると発表した。

 2020年限りでエースドライバーとしての役目を終え、フルタイム参戦からの引退を表明したリック・ケリーに代わり、今季は新たにデビッド・レイノルズを迎え入れペンライト・レーシングとして26号車を走らせるケリー・グローブ・レーシング。生え抜きであるアンドレ・ハイムガートナーのNEDレーシングと合わせて2台のフォード・マスタング・スーパーカーを投入するチームは、この契約締結により2021年シーズンは同チーム名で参戦し、年末を迎えた時点で完全に新組織へと移行することが決まった。

 その弟リックよりひと足先に現役引退を決め、現在は共同オーナーとしてチームを指揮してきたトッド・ケリーは、今回の決断に際し「僕やリックにとってレースは人生そのものであり、10歳にも満たないころからこの世界で勝負してきた」と、ここまでの足跡を振り返った。

「こんなにも長い間、この国を代表するプレミア・カテゴリーに参戦できたことは非常に幸運だった。これほど激しく、魅力的な“ビジネス”に参加できるチャンスは見過ごせるわけがない。でも、今こそチームの手綱を託すときがきたんだ」と語ったトッド共同代表。

 創設初期にはホールデン・コモドアでシリーズに参入し、その後はニッサンのファクトリー支援を得て4台のアルティマを投入。トッド、リックに加え、シングルシーターで活躍した実力派女性ドライバー、シモーナ・デ・シルベストロを招聘したことでも話題を呼んだ。

■2022年も「裏方として」プログラムに取り組むケリー・レーシング

 その後、ニッサンのシリーズ撤退を受けプライベーターとして参戦したのち、ティックフォード・レーシングの支援でブルーオーバルのマシンにスイッチしていた。

「チームは何年にもわたって、信じられないほどの量のエンジニアリングと設計・製造作業を続けてきた。初期にはホールデン、続いてニッサンのアルティマで“クアッドカム”持つスーパーカー用『VK50』のデザイン設計とマシニング。そして、ふたたびフォードへの転換といった具合にね」と続けるトッド。

「我々はつねに社内ですべての作業を行い、機器の設計と製造において可能な限り最善の仕事をすることに誇りを持ってきた。その真剣な努力によってかなりの成果を上げてきたが、長年にわたって抱えていた最大の課題は、それを真に大規模なチームへと発展させるためのリソースだった」

 今後もケリー・レーシングとしては、チームのCNC機械工場、エンジン部門、すべての生産部門、および現在のマスタングの完全な所有権を保持する予定で、チームの現在のパッケージ維持と開発継続のため、引き続き2022年も「裏方として」懸命に取り組んでいくという。

「チームが僕らの手を離れ、グローブの持つ火力とリソースで成長するのを見るのが本当に楽しみなんだ。たくさんのメンバーと一緒に仕事をし、その過程で多くの素晴らしい、仕事上の関係と友情を築いてくれたことにも感謝している」

「最後に、ドライバーとしてもチームオーナーとしても、スーパーカーで過ごせたことにとても感謝している。そのキャリアを通じた期間で、僕はコース上でも外でも多くの素晴らしいことに参加する機会があり、自分の立ち位置を信じられる多くのことを学べた。一緒にその旅に参加してくれたファンとサポーターに改めて感謝を捧げたい」
    ニュース設定