Da-iCE、AAAの名曲「恋音と雨空」を『MUSIC BLOOD』で披露 メンバーに直接連絡&エール明かす

0

2021年07月30日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真30日放送の『MUSIC BLOOD』に出演するDa-iCE (C)日本テレビ
30日放送の『MUSIC BLOOD』に出演するDa-iCE (C)日本テレビ
 ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEが、30日放送の日本テレビ系音楽番組『MUSIC BLOOD』(毎週金曜 11:00)に出演する。毎週1組のアーティストを迎え、彼らの中に今も血液として脈々と流れる思い入れのある音楽や、背中を追い続けるアーティストにまつわるトークを交えつつライブ映像でひもとく同番組。今回、Da-iCEは、尊敬するアーティストのひとつ、AAAの名曲「恋音と雨空」をライブパフォーマンスで披露する。

【写真】AAAの名曲&自身の新曲をパフォーマンス

 ボーカルの大野雄大・花村想太、パフォーマーの工藤大輝・岩岡徹・和田颯の5人からなるDa-iCE。新曲は、YouTubeやサブスクでの総再生回数1億5000万回を記録。さらに大野と花村による4オクターブを操る歌声が話題を呼び、人気のYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』は、公開からわずか3ヶ月で再生数900万回超えを達成した。

 トーク収録ではMCの田中圭が、千葉雄大に向け「(千葉)雄大くん、今回も(大野)雄大くんがいます」と指摘。千葉が「いやぁ、なんかすみません」と恐縮すると、大野は「昔から存じ上げておりました」と応じる。「Novelbrightの竹中くんも雄大だったし、雄大は歌が上手い人が多いんだね」と褒める田中は、なぜかドヤる千葉に対してすかさず「お前がドヤるんじゃないよ」とツッコミを入れる。

 その後、歌声を生で聴かせてほしいという要望に、大野と花村がアカペラで「A Whole New World」を披露。あまりの美声に「そりゃバズるわ」という千葉が驚く場面も。そのツインボーカルによるハイトーンボイスについて、花村は「高音を出すコツは、力まないことですね。チェストボイスやミドルボイス、ファルセットなど声帯の中の音域というか、声を出す際に使う場所がいろいろあって、それらをしっかりと練習することが一番のポイントですが、全体的に言えるのは力まないことなんです。サビとか、曲が盛り上がってくるとどうしても気持ちがこもって、力みたくなっちゃいますが。でもこれが良くなくて、脱力しているくらいがちょうどいいんです」と説明。プロ目線での解説を真剣に聞くMC2人の姿にも注目だ。

 また、彼らの“MUSIC BLOOD”の話題では、憧れのアーティストであるDA PUMP、嫉妬するアーティストはw-inds.の橘慶太、リスペクトするアーティストは三浦大知と、アーティストたちのすごさを熱弁。そして、もっとも影響を受けたブラッドアーティストとして挙げたのがAAA。出会いから今までの偉大な先輩であるAAAとの関係性を赤裸々に明かす。

 今回はそんなAAAの楽曲を披露することに、工藤は「本当におそれ多いといいますか、やっぱりファンの方々と大切に育てて来た楽曲だと思いますし、それを僕らがカバーして良いものかという気持ちはすごくありました。でも僕らにとってブラッドソングはAAAさんの『恋音と雨空』しかないと、メンバー同士でも一致したので、先輩方に直接連絡をさせていただき、歌わせていただくことになりました。先輩方からは『頑張ってね! 観るね!』と言っていただいたので、本当に頑張らなきゃという気持ちでいっぱいです」と語る。さらに、もう1曲を披露予定としている。

 なお、放送終了直後からは、縦型動画アプリ『smash.』で撮りおろしたDa-iCEのパフォーマンス映像『UNCUT』が配信される。
    ニュース設定