30日 関東、東海、東北を中心に非常に激しい雨や雷雨 熱中症厳重警戒

4

2021年07月30日 07:21  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真30日 関東、東海、東北を中心に非常に激しい雨や雷雨 熱中症厳重警戒
30日 関東、東海、東北を中心に非常に激しい雨や雷雨 熱中症厳重警戒

きょうも大気の状態が不安定。本州中部を中心に夜にかけて激しい雨や非常に激しい雨。カミナリを伴う所も。土砂災害や川の増水、低い土地への浸水、落雷、突風に注意、警戒。最高気温は、真夏日続出、猛暑日になる所も。近畿から沖縄に熱中症警戒アラート。



●大きな変化がない天気図 大気の状態が不安定


日本海には、動きが遅い低気圧があって、真夏のこの時期としては冷たい空気が上空に停滞し、地上付近には反時計回りで暖かく湿った空気が流れ込んでいます。
このため、地上と上空との温度差が大きいことに加え、南から流れこむ湿った空気の影響で、本州中部を中心に、きょうも北海道から近畿にかけてと九州、沖縄の広範囲で、大気の状態が不安定です。


●きょうの天気 本州中部を中心に広範囲で急な雨や雷雨 滝のような雨も


きょう(30日:金曜)は、北海道から近畿にかけてと九州、沖縄は変わりやすい天気です。
北海道は晴れ間がありますが、太平洋側を中心に雨や雷雨があるでしょう。
東北北部も、晴れ間がありますが雲が多い天気で、夜までは急な雨や雷雨があり、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。
東北南部から関東甲信と東海では、雲が広がりやすく、夜にかけて雨や雷雨がある見込みです。1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所がある予想です。
北陸と近畿は晴れて強い日ざしが照りつけますが、午後を中心に激しい雨の降る所があるでしょう。
九州と沖縄では、一日晴れる所が多い見込みですが、気温が上がる午後は所々で雨が降りそうです。
土砂災害や川の増水、低い土地への浸水、落雷、突風に注意、警戒をなさってください。
中国四国地方は、夏空が広がるでしょう。


●きょうの最高気温 夏日、真夏日、猛暑日 熱中症に厳重警戒を


きょう(30日:金曜)も、全国の多くの所で30℃以上の真夏日になるでしょう。近畿、中国四国地方、九州では、35℃以上の猛暑日になる所がある見込みです。北海道でも猛暑日になる所があるでしょう。
涼しさがあるのは、高冷地や北海道の太平洋側や北部などの一部です。
湿気を多く含んだ風が、南海上から次々に流れ込みますので、蒸し暑さがアップします。
夜の気温も高い所が多い見込みで、今夜も熱帯夜(夜間の気温が25℃以上)の所があちらこちらであるでしょう
北海道から本州各地と四国、九州、沖縄まで、熱中症に十分お気をつけください。
時々はマスクを外して水分を補給しましょう。汗をたくさんかいたら、適度な塩分補給も必要です。塩分制限のある方は、かかりつけのお医者さまと相談なさってください。
夜の熱中症にも、注意しましょう。お休み前にコップ一杯の水を飲むことも効果的とされています。


●近畿から九州各地 熱中症警戒アラート


気象庁と環境省は、和歌山県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、鹿児島県(奄美を除く)、沖縄県の沖縄本島地方と八重山地方に熱中症警戒アラートを発表しています。
熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測されます。外出はなるべく避け、室内をエアコン等で涼しい環境にして過ごしてください。
また、特別の場合*以外は、運動は行わないようにしてください。身近な場所での暑さ指数を確認していただき、熱中症予防のための行動をとってください。
*特別の場合とは、医師、看護師、熱中症の対応について知識があり一次救命処置が実施できる者のいずれかを常駐させ、救護所の設置、及び救急搬送体制の対策を講じた場合、涼しい屋内で運動する場合等のことです。


このニュースに関するつぶやき

  • 雷が鳴って暗くなってきました。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • おはよう。今日は出勤です。今週もあと一日頑張って行こう!
    • イイネ!15
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定