Huawei、フラグシップ「P50」シリーズ発表 高性能カメラ搭載も米制裁で5G断念

36

2021年07月30日 09:21  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真 HUAWEI P50 Pro
HUAWEI P50 Pro

 中国Huaweiは7月29日(現地時間)、カメラ性能が売りであるPシリーズの最新モデル「HUAWEI P50 Pro」(以下「P50 Pro」)と「HUAWEI P50」(以下「P50」)を発表した。P50 Proは5988元(約10万1000円)からで中国で8月12日の発売、P50は4488元からで9月発売の予定だ。なお、日本での発売は現時点ではアナウンスされていない。



【その他の画像】



 上位モデルのP50 Proのカメラは、メインは5000万画素のカラーセンサー、4000万画素のモノクロセンサー、6400万画素の望遠、1300万画素の超広角という4台構成。望遠は光学式の手ブレ補正と高画素センサー搭載で、最大200倍のデジタルズームが可能だ。



 P50のカメラは、メインは5000万画素、1300万画素の超広角、1200万画素で光学5倍の望遠カメラの3台。デジタルズームは最大80倍だ。



 カメラは高性能だが、5Gをサポートしない。米連邦政府による制裁で、5Gチップが搭載できないからだ。



 コンシューマビジネスグループCEO、リチャード・ユー氏は発表イベントで、「Huaweiは、5Gと通信技術の世界的リーダーだ。過去2年、米国で4度の規制が行われたため、5Gはわれわれの手の届かないところにあり、4Gを採用せざるを得ない」と語った。それでも「速度の低下はごくわずかで、ほとんど無視できる」と主張した。



 この他のP50 Proの主なスペックは、ディスプレイは6.6型(1228×2700ピクセル、リフレッシュレートは120Hz)の有機EL、プロセッサは米QualcommのSnapdragon 888 4GあるいはHuaweiのKirin 9000 、メモリは8GBか12GB、ストレージは128/255/512GBでNMカードスロットを備える。バッテリーは4360mAhで無線充電にも対応する。防水防塵はIP68。サイズは158.8×72.8×8.5mmで重さは195g。色は黒、金、白、ピンク、ブルーの5色。OSはオリジナルのHarmony OS 2だ。



 P50はカメラ構成以外はほぼProと同じだ。ディスプレイが6.5型(2700×1224ピクセル、リフレッシュレートは90Hz)の有機ELで、サイズは156.5×73.8×7.92mmで重さは181g。


このニュースに関するつぶやき

  • 日本で使用できないスマホのCMしてどうすんねん。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • Huaweiのスマホか。いくら高性能でもどんなバックドアが仕掛けられているか分からないから、タダでも要らん (゚゚)イラネ
    • イイネ!38
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(24件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定