「今こそ感動と喜びを……」 嵯峨野トロッコ列車の「沿線紅葉ライトアップ」強化プロジェクトが熱い クラファンで応援者募る

1

2021年07月30日 10:11  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真紅葉ライトアップ強化のためクラファンを実施する嵯峨野観光鉄道
紅葉ライトアップ強化のためクラファンを実施する嵯峨野観光鉄道

 嵯峨野観光鉄道が7月30日、沿線ライトアップの拡充・強化を図るために支援者を募るクラウドファンディングプロジェクト「〜京の渓谷に灯火を〜 嵯峨野トロッコ30周年ライトアップ大作戦」をCAMPFIREで開始しました。



【画像】リターンがすごい…! 用意されたリターンメニューの数々



 京都市と亀岡市を保津川沿いに結ぶ嵯峨野観光線は、トロッコ列車で風光明媚な渓谷を走る観光専用鉄道。2005年から秋の紅葉シーズンに沿線のライトアップを実施し、紅葉と保津川渓谷を明るくきらびやかに照らして多くの観光客を楽しませています。



 ただ、沿線のライトアップ灯具は未設置あるいは補修を擁する地点・箇所も多く残ります。2019年〜2020年度に設備を拡充する計画でしたが、感染症流行の影響で収入が大きく減少。資金不足となり、計画変更を余儀なくされました。



 その一方で、2021年はじわじわと観光客が戻りはじめています。「今年の紅葉シーズンはぜひ」の声や期待も多く寄せられるようになりました。「今こそ多くの方に感動と喜びを感じてもらいたい」。クラウドファンディングで支援を募るプロジェクトの実施を決めました。



 支援者には、支援額に応じて「トロッコ列車の運転台乗車体験」「機関車乗車体験」「トロッコ列車1両貸切」「軌道自転車乗車体験」「車掌アナウンス体験」「駅員体験」「ジオラマ・京都・ジャパンでのHOゲージ持ち込み運転体験」「枕木への名前・写真プレート掲出」「名前入りヘッドマーク掲出」など、ファンがうれしい「ならでは」のリターンメニューを多数用意します。



 支援額は沿線ライトアップの新規設置/老朽取替を中心に、樹木の整備や設備の維持管理などに活用予定。クラウドファンティング実施期間は2021年7月30日10時から9月12日23時59分。


    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定