「盲点だった…」順調な交際の“落とし穴” #4「“伏兵”がいた!」

5

2021年07月30日 12:02  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
好きな人と付き合えることになって、一生懸命相手と向き合って幸せな関係を続けていく。

彼氏が「本気で手放したくない!」と思う彼女の5大共通点

それが交際の理想ではありますが、どれだけ自分ががんばっていても、予想もしていなかった落とし穴が待ち受けていることがあります。

自分ではどうにもならないことほど、ショックは大きいもの。

順調な交際にどんな障害が立ちふさがったのか、実録でご紹介します。

「体の関係などない、健全なお付き合いを続けていた男友達がいました。

私がある男性を好きになり、告白が成功してお付き合いできるようになったときも、その男友達は喜んでくれて。

彼氏には、『おかしな関係じゃないし、これからは距離をあけて友達付き合いをする』ときちんと説明していました。

彼氏は信用すると言ってくれて、私も男友達とは連絡を減らして彼氏との関係に集中していたのですが……。

男友達は、私からのLINEが少なくなったことが気になったのか、以前より頻繁に電話をかけてくるようになりました。

週末の夜など、私が彼氏と一緒と説明してもお構いなしに会話を続けようとするし、最初は何とか早く切り上げていたけど2週間も続くとさすがにウンザリしてきて。

『ごめん、連絡をくれるのはうれしいけど、今は彼氏がいるし今までのようにはできない』と正直に伝えました。

すると『彼氏との間を邪魔するつもりはないけど、友達との縁も大事じゃないの?』とあっさり返されて引いてしまいました……。

彼氏と付き合うことになったとき、私がこの男友達にはっきりと今後どんな接し方をするか、話していなかったのがいけなかったのかもしれません。

普通は空気を読んでくれるでしょ、と甘く考えていました。

彼氏にこんな話はもちろんできないし、機嫌を損ねないようにしながら男友達の相手もするのは本当に大変でした。

彼氏との関係は順調なのに、こんなところに“伏兵”がいたなんてびっくりです」(30歳/配達)

彼氏ができるまでは特に問題がなかった男友達。

仲のいい友人に恋人ができれば距離を取ることを考えそうなものですが、引けないのは自分のことを忘れてほしくないからです。

わかるけれど、存在を割り込ませるほど女性の気持ちは萎える一方になります。

交際とは関係のないことでも、女性にとっては思わぬトラブルといえます。

このニュースに関するつぶやき

  • 彼氏が「本気で手放したくない!」と思う彼女の5大共通点 ⇒ 米国で弁護士するとか言ってる「K」の婚約者だと言われてるやんごとなき姫様か?
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 彼氏が「本気で手放したくない!」と思う彼女の5大共通点 ⇒ 米国で弁護士するとか言ってる「K」の婚約者だと言われてるやんごとなき姫様か?
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定