Snow Man佐久間大介、共演者から絶賛「いつでも声優業界に」杉田智和は再共演を希望

1

2021年07月30日 13:50  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

人気グループ・Snow Man佐久間大介が30日、都内で行われたフル3DCGアニメ映画『白蛇:縁起』公開記念初日舞台あいさつに出席。共演した声優陣から人柄や演技を褒められ、赤面する場面があった。


中国のアニメ会社・追光動画とWarner Brothersが共同制作した本作は、19年1月に中国で公開され興行収入70億円以上のヒットを記録。中国の四大民間説話の一つ「白蛇伝」の前世の物語で、見た目は美しい少女だが白蛇の妖怪・白(ハク)と人間の少年・宣(セン)の壮大なラブストーリーを描いている。


宣の日本語版吹き替え声優を担当した佐久間は「今日は気合を入れてギラギラの一張羅できました!」と輝く衣装で登場。前回のイベント時、髪色は黒だったが、「きょうは(服が)キラキラなので頭もキラキラのままで来ました。シャッターチャンスです!」と決めポーズをとり、満面の笑みだった。



白の声を担当した三森は、佐久間について聞かれると「もう人柄がパーフェクトマンです。ものすごく優しくて周りを思いやってくれる。取材のときもインタビュアーさんの目を見て話す。私もこんな人になりたいって密かにライバル心を燃やしていました」と告白。それを聞いた佐久間は「姉さん、ありがとうございます!」と喜んだ。“姉さん呼び”をツッコまれると「演技でだいぶ引っ張ってもらったので頭が上がらないんです」と明かした。


佐久間の声を聞いたとき「バチクソ上手いけど誰?」と衝撃を受けたという、白の妹・青(セイ)役の佐倉綾音は「佐久間さんの声には根拠のない説得力がある。声が、声を生業にしている人の声圧なんです。いつでも声優業界に来てほしい」と大歓迎だった。宣が飼っている犬・はらまきを演じた杉田智和も「佐久間くんはメディアに出ている以上に輪をかけて丁寧で優しい子。その光景を世の中にお届けできないのは申し訳ない。声優雑誌媒体が取材に入ったとき『やった!』って喜んでいて、俺が失ったものだと思った。お世辞をあまり言うほうじゃないけど、佐久間くんに対してはいいことしか出てこない。佐久間くんはゲスト声優ではなく共演者。これは胸を張って言える。これからも色んなところで会いたい」とべた褒めだった。

声優陣に褒めちぎられた佐久間。「うわぁ、うれしいです」と喜びつつも、「褒められてしかないから恥ずかしいですね。あまり褒められ慣れてないから…」と照れ笑いを浮かべていた。


演じた宣の好きなところを聞かれると、佐久間は「何があっても好きなものを好きと言えるところ。僕も最初はジャニーズでアニメ好きと言ってもあまり理解されなかったけど、どんどん理解されていって、それが主になった。好きなものをちゃんと好きと言える人は素敵」と回答。最後に「この作品を、アニメをあまり見ていない人や気になっている人に見てほしい。色んな気持ちになると思うのでぜひ楽しんでもらいたい。今回、ダブル主演をやらせてもらった経験は宝物。これからも色んな場所で活躍できるように、それを糧に頑張っていきたい」とさらなる飛躍を誓った。

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定