メダルなしの瀬戸大也 五輪中「むかつく」発言でヒールに「萩野公介に救われた」

1

2021年07月30日 15:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真男子200メートル個人メドレー決勝に出場した瀬戸(左)と萩野(c)朝日新聞社
男子200メートル個人メドレー決勝に出場した瀬戸(左)と萩野(c)朝日新聞社
 日本のエース・瀬戸大也の表情は穏やかだった。男子200メートル個人メドレー決勝で銅メダルに100分の5秒届かず、1分56秒22で4位。この種目でリオ五輪銀メダルの萩野公介は6位で、1分57秒49だった。

【写真】「居酒屋のユニホーム」と酷評された東京五輪表彰式の衣装はこちら(他5枚)

 瀬戸はレース後のインタビューで、「いまできる精一杯の力を出しました。すっきりしています。最後メダル獲りたかったですし、獲れなかったのは少し残念だけど、公介と一緒にこの夢の舞台で泳ぐことができて幸せですし、2人で戦えたことが幸せでした」と語った。

 日本代表がメダルラッシュに沸く中、金メダル候補の瀬戸は苦しんだ。「400m個人メドレー」、「200mバタフライ」とメダルどころか決勝進出を逃す。金メダルの大本命と目されていた400メートル個人メドレーで最後に失速した。レース後に「リオで予選を結構いってしまって、決勝上がらなかったというのがあったので、そういう経験も踏まえて、かなり泳ぎの方が良かったので、後半から上げてくる子たちが多かった中で焦らず、明日上がるように泳げばいいやと泳いだんですけど」と発言すると思わぬ事態に。SNS上で、「調子に乗りすぎ。言い訳しないで欲しい」など批判のコメントが殺到した。

 批判の声はさらに高まる。報道によると、瀬戸はバタフライ予選後に「いろいろ言われてめっちゃむかつきますけど……。戦っているのは自分だし、気にもしつつ、あまり気にしない所もあるので。そういうのも含めてパワーに変えていきたい」とコメント。「むかつく」発言でネット上の炎上がさらに広がり、昨年9月の不倫騒動も蒸し返される事態になった。

「瀬戸はビッグマウスで自分を鼓舞している部分がある。ただああ見えて繊細なんです。400メートル個人メドレーの予選敗退は相当ショックを受けただろうし、悔しさもあってああいう発言になった。ただ誰を傷つけるわけでもなく、インタビューを全部聞いたら分かりますが、レース戦略を話しているだけで傲慢になっているわけではない。ネットが炎上するなんて想像もしていなかったでしょう。さらに心が弱ったと思います。ちょっと誤解されているというか…『大会中なんだからこれ以上叩かないでくれ』と思いました」(スポーツ紙記者)

 瀬戸にとって悔しさの残る五輪になったが、テレビ局関係者は「萩野に救われたのではないか」と話す。

「瀬戸は自分が『ヒール』になっているという認識があったのでしょう。会場で見る表情もうつむき加減で元気のないように見えた。でも長年のライバルで特別な絆で結ばれている萩野と最後のレースで泳いだ後はすがすがしい表情だった。萩野もリオから試練を乗り越えて決勝にたどり着いた。瀬戸は萩野の姿を見て泳ぐ意味、泳ぐ楽しさを再認識したのではないでしょうか」

 萩野はレース後、「レースを泳ぐ前から色々なこと思い出して、大也と一緒にずっと泳いできて嬉しかったです」と目を輝かせた。隣で聞いていた瀬戸は何を感じただろうか。水泳人生はまだ続く。チャンピオンの称号が似合う威風堂々の姿をもう一度取り戻してほしい。(牧忠則)

このニュースに関するつぶやき

  • 叩く奴は、叩かねえと損でもした気になるんか?まだあんちゃんじゃねえか。おめえが、この子くらいの頃は、言える程ご立派だったんかよ?カス
    • イイネ!10
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定