「少雨と長期間の高温に関する 北海道地方気象情報」水の管理や熱中症などに十分注意

1

2021年07月30日 15:11  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真「少雨と長期間の高温に関する 北海道地方気象情報」水の管理や熱中症などに十分注意
「少雨と長期間の高温に関する 北海道地方気象情報」水の管理や熱中症などに十分注意

北海道地方では、6月下旬から降水量が少なく、気温の高い状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く見込みです。農作物や家畜、水の管理、熱中症対策など健康管理に、十分な注意が必要です。



●北海道の少雨と高温 今後2週間程度は続く


気象庁は、30日金曜「少雨と長期間の高温に関する北海道地方気象情報」を発表しました。
それによりますと、北海道では、6月下旬から高気圧に覆われて晴れた日が多く、降水量の少ない状態が続いています。このため、降水量は平年の10%を下回っている所があります。
また、7月中旬からは太平洋高気圧に覆われたことから、真夏日が続くなど、記録的な高温となった所があり、厳しい暑さが続いています。
北海道では、今後2週間程度は、高気圧に覆われて晴れる日が多く、これまでの少雨を解消するような、まとまった雨が降る可能性は小さいでしょう。このため、降水量が少なく、気温のかなり高い状態が続く見込みです。
農作物や家畜、水の管理、熱中症対策など健康管理に、十分ご注意ください。


このニュースに関するつぶやき

  • 北海道の皆さん、どうかどうか自分にも回りにも気を付けてくださいな。悲しい事故が起きません様に。助けを求められないこどもやお年寄り、特に気を配って下さい。お願い。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定