メイン携帯の利用料金は高い? 5G端末の買い換え予定は? ゲオが調査

0

2021年07月30日 16:31  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真所持している端末の台数
所持している端末の台数

 ゲオホールディングスは7月30日、同社の「ゲオアプリ」会員を対象に「携帯電話の利用状況調査」を実施した結果を公表した。調査は2021年7月2日から7月5日の期間で行い、2454人(男性1658人、女性796人)から回答を得た。



【その他の画像】



 携帯電話やタブレット端末などを利用している台数は、1台が68.9%、2台が21.7%となり、5人に1人は2台の端末を利用している結果となった。また利用している端末はiPhoneが52.4%、Androidが38.5%。iPhoneが優位な状況は変わらない模様だ。



 利用している通信会社はNTTドコモが37.5%、auが24.1%、ソフトバンクが17.2%だった。この3キャリアを利用するユーザーに「格安SIMへ移行するか」を尋ねたところ、「ない」が51.3%、「わからない」が40%という回答に。キャリア変更を考えていない人が9割を超えていることも分かった。



 メインの携帯電話・タブレットの利用料金は3000〜5000円未満が19.3%、1000〜3000円が16.0%と続き、5000〜7000円とヘビーに使っている人も15.8%という結果となった。料金は高いと思っているかを聞いたところ、59.5%の人が「高いと思っている」と回答した。



 基地局の設置などが進む5Gについては、対応端末に買い換える予定が「ある」と答えた人は33.1%、「その予定はない」と答えた人が33.8%で、「5Gの良さ、性能が分からない」という回答が33.1%となり、まだ様子見という人が多いということも分かった。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定