LHR版がGeForce RTX 3000カードの価格を押し下げる

0

2021年07月31日 12:11  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真ZOTAC「GeForce RTX 3070 AMP Holo LHR」。パソコンSHOPアークで撮影
ZOTAC「GeForce RTX 3070 AMP Holo LHR」。パソコンSHOPアークで撮影

 GeForce RTX 3000シリーズのLHR(Lite Hash Rate)版ラッシュは今週も続いているが、LHR版の登場を機に、はっきりと価格が下がっているとの話を複数のショップで耳にした。



【その他の画像】



●非LHRの旧版より2万円近く安く――RTX 3000シリーズの値下げ圧?



 あるショップは「ASUSTeKなど一部のメーカーを除いて、LHR版を機に仕入れ値ベースで旧版と比べて1万円以上低くなっているんですよね。何というか足並みをそろえている感じがします」と話す。



 LHR版があるのは、初登場が早かったGeForce RTX 3080/3070/3060 TiのGPUを搭載するグラフィックスカードだ。パッケージにLHR版のアイコンがプリントされている他、旧型番の末尾に「LHR」などを加えているパターンも多い。



 値下がりを示す端的なケースとしては、今週登場したZOTACの「GeForce RTX 3070 AMP Holo LHR」がある。非LHRの旧版が14万円前後するのに対し、12万円弱となっている(価格は税込み、以下同様)。



 別のショップは「あくまで推測レベルですが、上がりすぎたRTX 3000シリーズの価格を押し下げる圧力がメーカーにかかっているんじゃないかとウワサされていますね。旧版との併売が起きうるタイミングでここまでガクンと落ちるのは、メーカーの立場だと不自然ですから。半導体不足は続くものの、マイニング関連の熱はかなり落ち着いたので、早く正常化したいということなのかなと思いますね」と教えてくれた。



 いずれにしろ、ユーザーとしてはうれしい方向の変化が起きているといえそうだ。



●DeepCoolからARGB LED搭載のサポートステイが登場



 グラフィックスカード関連の新製品としては、DeepCoolから光るサポートステイ「ST500 ARGB」が売り出されている。価格は2200円前後だ。



 グラフィックスカード直下にある2段分のブラケットに固定し、底部からの支柱とあわせて複数点で支える仕組みを採用する。長さは約305.5mmだ。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「支えながら光るポイントを追加できるので、安価ですし欲しい人はいそうですね」と話していた。



 サポートステイというジャンル自体もすっかり定着した感がある。TSUKUMO eX.は「必須とまではいきませんが、重視する人はそこまで長くない2スロット厚のカードでも求められます。グラフィックスカード売り場としては欠かせないアクセサリーになっています」という。



 定番として挙げられるのはジャンルの草分けといえる親和産業/長尾製作所の「VGAサポートステイ」シリーズだ。2016年に登場してから安定してうれ続けているとのこと。



 「長尾製作所は初期不良もほとんどなくて、質が安定していますね。カラーや固定方法などでバリエーションもありますし、今でもジャンルをけん引するなど存在感があります」(同店)


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定