侍ジャパン、メキシコに勝利しA組1位通過 稲葉監督「効率よく点が取れた」

0

2021年07月31日 15:50  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真メキシコに勝利しA組1通過を決めた侍ジャパンの選手たち
メキシコに勝利しA組1通過を決めた侍ジャパンの選手たち
東京五輪オープニングラウンド第2戦
● メキシコ 4 − 7 侍ジャパン ○
<7月31日・横浜スタジアム>

 野球日本代表・侍ジャパンがメキシコ代表に逆転勝ち。オープニングラウンド2連勝とし、A組1位でノックアウトステージ進出を決めた。

 侍ジャパンは1点を追う2回、9番・甲斐(ソフトバンク)の中前適時打で同点。3回は2番・坂本(巨人)の二塁打と敵失などで一死一、三塁の好機を作り、5番・浅村(楽天)の投ゴロの間に三走・坂本が逆転となるホームに滑り込んだ。

 4回は一死から8番・村上(ヤクルト)、続く甲斐の連打で一、三塁とし、1番・山田(ヤクルト)の左越え3ランで5−2。7回は坂本の左越えソロで6点目を奪い、8回は山田が4打点目となる中前適時打を放ち7−2とリードを広げた。

 先発の森下は炎天のデーゲームで5回5安打2失点の力投。6回以降は伊藤(日本ハム)が2イニングを無失点に抑え、5点リードの8回に3番手・平良(西武)が2点を失ったが、9回は栗林(広島)が今大会初セーブで締めた。

 稲葉監督は先発の森下について「先制点は取られたが、そのあとを抑えてくれた。暑さとメキシコ打線が強力な中、良く投げてくれたと思います」と合格点。リリーフ陣については「みんな丁寧に投げてくれた。打たれたところは反省しながら修正してくれるでしょうし、みんな頑張ってくれたと思います」と称えた。

 2本塁打含む10安打で7点を奪った打線については、「(山田)哲人の3ランというのはチームを勇気づけた。(坂本)勇人にも一本出ましたし、今日は効率よく点が取れたと思います」と納得の表情。計4盗塁を記録した足攻めについては「走れるチャンスがある中で、みんな積極的に走ってくれたと思います」と評価した。

 侍ジャパンはA組を1位で通過し、次戦は8月2日のノックアウトステージ(横浜スタジアム)でB組1位と対戦。この試合に勝利すれば準決勝進出となり、敗れても敗者復活戦に回り金メダルの可能性は残る。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定