コーヒーは体に悪い? コーヒーと「発がん性」のウソ・ホント【管理栄養士が解説】

2

2021年07月31日 19:51  All About

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真「コーヒーには発がん性がある」「自律神経に悪影響」「コーヒーを飲むと太る」……など、巷で囁かれるコーヒーにまつわる健康情報の真偽は? コーヒーに関するウソ・ホントを解説します。
「コーヒーには発がん性がある」「自律神経に悪影響」「コーヒーを飲むと太る」……など、巷で囁かれるコーヒーにまつわる健康情報の真偽は? コーヒーに関するウソ・ホントを解説します。

コーヒーの飲み過ぎは体に悪い? 健康被害の報告はあるのか

健康にもいいというさまざまな研究があるコーヒーですが、中には「飲み過ぎるとがんになる」「発がん性がある」といった心配をされている方もいるようです。こういった言説はどこから出てきたものなのでしょうか?

信頼できるデータで、コーヒーに発がん性があると指摘しているものは見つけられませんでしたが、多少古い論文で、以下のようなものがあります。1983年に三崎文夫氏らによって発表された『消化性潰瘍のリスク・ファクターに関する疫学的研究』(※1)には、以下の記載があります。

「アルコールとコーヒーについては摂取量と潰瘍の間に用量反応性を認めることができなかった. ただし,コーヒーを多く飲む者は十二指腸潰瘍への危険率が有意(p(文:平井 千里(管理栄養士))

このニュースに関するつぶやき

  • また何年も前に書いて日付だけ新しくしたセンセーショナル平井の釣り記事か。何回mixiに来ただろね。https://allabout.co.jp/gm/gc/479334/
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

アクセス数ランキング

一覧へ

前日のランキングへ

ニュース設定