スパ24時間スタート直後に多重クラッシュ発生。ラディオンでの事故に4台が巻き込まれる

2

2021年08月01日 01:30  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021トタルエナジーズ・スパ24時間のスタートシーン
2021トタルエナジーズ・スパ24時間のスタートシーン
 7月31日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで開催されている『トタルエナジーズ・スパ24時間』の決勝レースが現地16時30分にスタートしたが、レース開始から約20分後に高速コーナーのラディオンで4台のマシンが絡む多重クラッシュが発生した。このアクシデントによって40分以上にわたってFCYフルコース・イエローが導入された。

 この重大なアクシデントは10周目にオールージュから続く高速S字コーナーのラディオンで発生した。ジャック・エイトケン駆る114号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evo(エミル・フレイ・レーシング)の単独クラッシュに端を発し、スピン状態となってコース上に止まったこのクルマに僚友163号車ランボルギーニ・ウラカンGT3 Evoが後方から激突。

 さらに後方から走ってきたアイアン・リンクスの71号車フェラーリ488 GT3 Evoと、ルトロニック・レーシングの21号車ポルシェ911 GT3 Rが巻き込まれた。

 レースは直後にFCYが導入され、全車スロー走行に。事故現場ではドライバーの救出やマシンの撤去、タイヤバリアの修復などが行われている。

 アクシデントに関係したエイトケンと163号車ランボルギーニをドライブしていたフランク・ペレラ、71号車フェラーリのダビデ・リゴン、21号車ポルシェに乗っていたケビン・エストーレという4名のドライバーは全員が一度、サーキット内のメディカルセンターに搬送された。
 
 その後、イベントの主催者であるSROモータースポーツ・グループは、エストーレとペレラが同センターからチームのもとへ戻ったことを伝え、残るリゴンとエイトケンについては、より詳細な検査を受けるため病院に搬送されたことを伝えている。なお、両名ともに「命に別状はない」という。また、ポルシェとフェラーリの代表はそれぞれ、エストレとリゴンが「無事」であることを確認した。

 レース最序盤に肝を冷やすアクシデントが発生した2021年のスパ24時間は、事故から約1時間後にFCYからセーフティカーランへと移行し、スタートから1時間18分後にリスタートが切られた。この直後にコース全体で雨粒が落ち始めドライレースから一転、ウエットレースへと転じたベルギー伝統の耐久レースは現在、アウディスポーツ・チームWRTの37号車アウディR8 LMSが総合首位に立っている。

このニュースに関するつぶやき

  • 良い時代です。Liveでスパ・フランコルシャン24が見られる。フランス語で3人くらいコロンテーターが雑談して����ʴ򤷤����� https://www.youtube.com/watch?v=yZEHEZLIffc
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定