トム・クルーズ『トップガン マーヴェリック』11月19日、日米同時公開決定

179

2021年08月01日 09:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『トップガン マーヴェリック』ムビチケ前売券デザイン(2種) (C)) 2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.
『トップガン マーヴェリック』ムビチケ前売券デザイン(2種) (C)) 2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.
 トム・クルーズを一躍ハリウッドのスターダムの頂点へと押し上げた伝説の名作『トップガン』(1986年)の最新作『トップガン マーヴェリック』が、新型コロナウイルス感染拡大による公開延期を経て、11月19日に日米同時公開が決定した。

【動画】映画『トップガン マーヴェリック』予告編

 厳しい状況の続く世界の映画シーン・エンタメシーンを盛り立てるべく、さまざまな形でリーダーシップを示しながら最大限の行動を起こし続ける姿が度々報じられてきたトム・クルーズ。本作も公開延期を余儀なくされてきたが、2021年は奇しくも前作の公開から35周年というメモリアルイヤーにあたり、毎年世界中の『トップガン』ファンにより大いに盛り上がる記念日”5月13日・トップガンデー”には、トムも自身のインスタグラムで「今年の後半、みなさんがこの映画を観てくれる日が待ちきれないよ」と投稿。自身でも特に想い入れの深いタイトルがいよいよ公開を迎える喜びと共に、本作の公開が、世界が苦難を乗り越えた先に待つ希望となることを願うトムの心意気を感じさせた。

 そして日本では、8月6日より全国の上映劇場(※一部劇場を除く)とオンラインで、本作のムビチケ前売券(一般:1500円)が発売開始。2種類の券面は、はるか広い大空と戦闘機への愛を感じさせるエモーショナルな瞬間を映し出した本作のポスタービジュアルがあしらわれており、ぜひ手元に置いて11月の公開を待ちたいところだ。

 『トップガン』は、アメリカ海軍パイロットのエリート養成学校、通称“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、戦闘機による迫力のアクションで魅せる映像美と、今も観た者の心に鳴り響く数々のヒットメロディと共に、瑞々しい青春&ラブ・ストーリーを重ね合わせ、世界中そして日本でも空前の大ヒットを記録。トム・クルーズが伝説のパイロット・マーヴェリック役を演じた。

 新作の『トップガン マーヴェリック』は、“トップガン”に、マーベリックが帰ってきて、守ることの難しさ、戦うことの厳しさを若者たちに教えるが、訓練生らは型破りな指導に困惑し反発する。そんな新人たちの中には、かつてマーヴェリックの相棒だったグースの息子ルースター(マイルズ・テラー)の姿もあった。ルースターは、訓練中に命を落とした父とバディを組んでいたマーヴェリックを恨み、対峙するが…。マーヴェリックはなぜ、もう一度飛ぶことを決めたのか、再び、熱いドラマが展開する。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 敢えて、あまり期待しないでおく������期待し過ぎると観てガッカリになったりするワン��過去のものは記憶の中で美化されている事もあるニャǭ
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • https://www.youtube.com/watch?v=y89E4W7EG9E 約35年前に公開のこの初作から、どのように進化したのか注目です。
    • イイネ!93
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(95件)

ニュース設定