奈緒、伊藤万理華との共演秘話「うれしい嫉妬心を覚えた」 初主演舞台がテレビ放送決定

0

2021年08月01日 09:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『DOORS』で舞台初主演を飾った奈緒 撮影:宮田浩史、ヘアメイク:竹下あゆみ、スタイリスト:岡本純子(アフェリア)
『DOORS』で舞台初主演を飾った奈緒 撮影:宮田浩史、ヘアメイク:竹下あゆみ、スタイリスト:岡本純子(アフェリア)
 女優・奈緒が“舞台初主演”を飾ったM&Oplaysプロデュース『DOORS』が、8月8日にCSチャンネル衛星劇場でテレビ初放送されることが決定した。このほどインタビューに応じた奈緒は、今年5月〜6月までの上演を振り返りながら、共演した元乃木坂46で女優・伊藤万理華との共演エピソードに花を咲かせてくれた。

【写真】奈緒×伊藤万理華の共演シーン

 本作は、シニカルなコメディや風刺の効いたファンタジーなどで、独自の世界観をユーモラスに構築する劇作家・演出家の倉持裕氏が作・演出を手がけた新作公演。真知と理々子という二人の対照的な少女が“そうであったはずの世界”と“こうなってしまった世界”を、時空を超えて行き来する不思議な旅の物語を描いた。真知を奈緒、理々子を伊藤が演じ、美津子役の早霧せいな、3人を取り巻く人々役を菅原永二、今野浩喜、田村たがめが務めた。

 稽古前は「『舞台の主演ってどうすればいいんだろう』って入る前はすごい考えてました」という奈緒だが、いざ顔合わせを終えると「私を含めてあまりテンションの高い人がいなくて(笑)。すごく穏やかでゆったりとした稽古場でした」と笑いながら語り「キャストそれぞれが持っている個性が、誰一人として被っていなく、いろんな化学反応が稽古場から起きていました」と充実感たっぷりに振り返る。

 初主演の気負いも現場の空気感でほぐされ「演じているときは『自分が主演』という感覚がなかったです」。特に共演した伊藤の名前を挙げ「自分が真ん中で引っ張っていくのではなく、主人公・真知の隣に理々子がいたように、万理華ちゃんが刺激を与えてくれた。そうやって役と同じように作り上げることができたのが大きかったと思います」と感謝した。

 実は、伊藤との共演が決まった際に「YouTubeで(映像作品の)『はじまりか、』を見た」と奈緒は「その時に悪い感情ではなく『こんなに素敵な同世代の子が世の中にいたんだ』といううれしい嫉妬心を覚えました」と明かす。

 「新しい感覚だった」というその気持ちを「地方公演の合間に『こんなうれしい嫉妬心を私に教えてくれてありがとう』と本人に伝えて、いろいろ話し合いながら電車の中で泣いた思い出もあります」と照れ笑いをしながら告白。改めて「日々、新しい刺激と向上心を与えてくれた。純粋に万理華ちゃんとのお芝居が楽しかったです」と声を弾ませた。

 役柄以外にも「カンパニー全員で同じTシャツを着る」という夢も叶え「今後も現場が良くなることは積極的に言葉に出していこうと学びましたね」と満面の笑顔を浮かべた奈緒。主人公・真知と同じように、女優として新たな“ドア”を開く、思い出深い作品となったようだ。

■ 衛星劇場 M&Oplaysプロデュース「DOORS」 2021年8月8日(日・祝)16:15〜18:30
作・演出:倉持裕 出演:奈緒、伊藤万理華、菅原永二、今野浩喜、田村たがめ、早霧せいな
    ニュース設定