「最終的には覚悟しかありません」常連客からの好意、セクハラ…苦慮する飲食店の声

4

2021年08月01日 10:31  弁護士ドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

弁護士ドットコム

写真記事画像
記事画像

2021年6月、大阪でカラオケパブを営む女性店主が、常連客の男性に殺害されるという痛ましい事件が起きた。加害者は女性に一方的に好意を寄せ、出入り禁止を言い渡されても通い続けて、凶行に及んだという。


【関連記事:親友の夫とキスしたら、全てを親友に目撃され修羅場  】



筆者は新宿でバーを経営しており、この事件には大きなショックを受けると同時に、モンスター客の恐ろしさを改めて感じた。同業者たちも一様に衝撃を受け、被害者に心を寄せ、我が事として受け止めている人は多かった。客の「好意」とどう向き合うべきか苦慮する店主たちに話を聞いた。(ジャーナリスト・肥沼和之)



●「首をなめたい」セクハラ発言を延々と

バーやスナックなど水商売の客の多くは、人で店を選んでいる。馴染みの店主やママやスタッフや常連客たちと、楽しい時間を過ごしたいからその店に通うのだ。



ただ時折、恋心や下心を抱いた客が、店側の人を口説こうとしたり、セクハラをしたりなど、一線を越えてこようとすることもある。水商売はコト消費のため、支払い後に客に残るのは酔いと記憶だけ。モノは何も残らないため、少しでも元を取りたい、という心理も働くのかもしれない。



実際、バーやスナックなどの水商売で働く十数人の女性に話を聞いたところ、大なり小なりだが、ほとんどが客から誘いやセクハラを受けた経験があった。



「会計のときに手を握られ、止めてくださいというまで離してくれなかった」
「首をなめたい、貞操がゆるそう、などセクハラ発言を延々とされた」
「連絡先を聞かれて断ったが、名前からSNSを調べられて何度も連絡がきた」
「プレゼントを渡され、好きだ、家に行きたいと迫られた」



だが、大きなトラブルや事件になったケースは皆無だった。ここから見えてくるのは、客の多くは分別を持っており、そのうえで「あわよくば」と店側の女性に誘いやちょっかいをかけている、ということ。うまくいけば儲けもの、ダメなら引き下がればいい、怒られたら謝ればいい、というスタンスなのだ。



また店側の多くも、店主とスタッフが要注意の客の情報共有をしたうえで、うまく受け流したり、その分お金を使ってくれるならいいかと割り切ったり、毅然と注意したり、ときに出禁といった強い措置を取ったりして、トラブルへの発展を防いでいる。そして実際、多くの場合、水商売は比較的平和に回っている。



ただ、どれだけ徹底しても、どうしても防ぎきれない事案がごくまれに発生してしまう。



被害にあった大阪のスナック店主も、加害者に「あなたのことが好きではない」「もう来ないでください」ときっぱり告げていたようだが、それでも彼はお店に通うのを止めなかった。そのような分別を持っていない、あるいは失ったモンスター客から、可能な限りお店を守るためにはどうすればいいのか。



●「最終的には覚悟しかありません」

新宿のバーの女性店主(30代)は、考えられる限りの防犯・安全対策をとっている。



お店を開くとき、同じフロアに常に営業している店が何店舗もあり、何かあればすぐ駆け込めるような立地・環境を選んだ。おかしな客が来たときに断れるよう、会員制にしている。シフトに男性スタッフを必ず入れているほか、万が一のときに身を守るための護身グッズも常備している。



ただし、「最終的には覚悟しかありません」と話す。



「できる限りの予防や対策をしていますが、お店を出すと決めた時点で、多少なりとも危険やリスクが付きまとうことは覚悟しています。けれどそれは、街を歩いていてストーカーや暴漢に遭うのも同じで、お店をしていないから100%安全かと言ったらそうではない。もし何か起きてしまっても、ここまで対策をしてこんな目に遭うなら、もう仕方ないと思うしかないのかなと」



バーやスナック以上に、客との物理的な距離も近いクラブやキャバクラでは、より注意が必要となる。しかし、そういった店側の用心や対策を、お金の力で突破しようとする客が最近は増えていると、あるクラブのママ(60代)は話す。



これまで客は、気に入った女性スタッフがいたら何度も店に通って、店側と十分に信頼を築いてから口説いてきた。ママも公認のもと、スマートな口説きであれば問題も心配もない。しかし最近は、初めて来た客が金持ちアピールをし、いきなり女性スタッフと関係を持とうとするケースが増えているそうだ。



もちろんお店として、そのような無粋かつルール違反の行為は断固NGで、持ちかけられたらすぐ報告するよう女の子にも伝えているが、勧告は必ずしも彼女らの心に届いていないという。



「お金をもらえるものだから、私に内緒でついていってしまう子もいます。何とも現代的というか、プロではないというか……酒場の義理人情や、文化が失われていると感じます」



パパ活やギャラ飲みといった、お金と引き換えに時間や体を提供する風潮が、酒場にも侵食しているとママは嘆いた。



しかも、お店の目が届かないところで、素性の知れない客とやり取りするため、トラブルに発展する可能性も十分にあり得る。店主とスタッフが、きちんと相談や情報共有できる関係性・仕組みづくりの重要性を感じた。



●店主に振られ「酒場クラッシャー」となった女性客

なお被害に遭うのは、水商売の女性に限った話ではない。



ある男性が働くバーでは、彼の働く曜日に、毎週のように開店から閉店まで居座る女性客がいた。とりたてて深い話はしなかったものの、男性が住んでいる最寄り駅を何気なく口にしたところ、数週間後に女性が同じ街に引っ越してきた。結局何もなかったが、気味の悪さを覚え、それからは個人情報を漏らさぬよう注意しているという。



またあるバーの男性店主は、女性客に好意を告げられたが、丁重にお断りした。するとあてつけるかのように、常連の男性客と片っ端から関係を持ち、去っていった。後に残ったのは何とも居心地の悪い気まずさで、巻き込まれた常連は一人、二人と減っていった。サークルクラッシャーならぬ「酒場クラッシャー」で、店側にとって大打撃である。



筆者自身も、店主と常連客の痴情のもつれで、殺人未遂に発展したケースを間近で見たことがある。



ある地方都市で、ふらりと小さな居酒屋に入ったときのこと。男性店主と常連の女性客がおり、一見の筆者に話しかけてくれた。料理はどれも美味しく、女性客は飲んでいたお酒をわけてくれるなど、非常に温かい空間だった。



数週間後にふと思い出して、居酒屋の店名を検索したところ、報道記事がヒットした。あの女性客が、店主を包丁で刺したとのことだった。互いに既婚で不倫の関係だったが、店主にほかにも女性がいることがわかり、激情して凶行にいたったのだった。



歌舞伎町で2019年、ホストがガールズバーの店員に刺された事件も記憶に新しい。色恋を売りにした営業スタイルや、一時的な欲求を満たすための浅はかな行動は、間違いなくトラブルのもとになりやすい。



いずれにせよ、客側が女性だからといって、店側は安心・安全ということは全くないのだ。



●店と客を仕切る「カウンター」の意味

酒場は、店側と客席の間が、カウンターで仕切られている。このカウンターは、実用的なテーブルであると同時に、客と店を区切る境界線の意味合いも持っている、と筆者は思う。



良い意味でこの一線が取り払われれば、店の人と客が結婚したり、生涯の友人になったり、仕事のパートナーになったりと、豊かな人生のきっかけになることもある。ただ、悪い意味で境界が曖昧になると、ずかずか侵入してこようとするモンスター客に、傍若無人を許すことになりかねない。



そのためカウンターのこちら側と向こう側は、物理的にも意識的にも、基本的にはしっかりわけるべきだろう。だが一方で、もし困ったことがあれば、信頼できる常連客や同業者には遠慮なく相談すべきだ。



そして相談を受けた人は、できる範囲でぜひ協力してあげてほしい。虫がいいと思われるかもしれないが、酒場の歴史や空間は、店側だけでなく、客も一緒になってつくられている。運命共同体というと大げさだが、持ちつ持たれつでぜひ好きな酒場を応援してあげてほしい。それが、安全かつ健全な酒場空間を保つための、重要なひとつであると筆者は思っている。



コロナ禍で、多くの酒場が休業を余儀なくされている。「不要不急」「夜の街」などと名指しされているが、酒場は社会に必要な存在だと、筆者は確信している。酒場で過ごすひと時が癒しや活力になり、救われてきた人々は数えきれない(もちろん筆者もそのひとりだ)。



そんな酒場を、店主が安心して経営でき、スタッフが安心して働けて、客が安心して通えるために、それぞれの立場からできることを考え、ささやかで構わないので行動に移していただけたら、これ以上の幸せはないと、酒場のいち店主として筆者は心から思う。



【著者プロフィール】 肥沼和之。1980年東京都生まれ。ジャーナリスト、ライター。ルポルタージュを主に手掛ける。東京・新宿ゴールデン街のプチ文壇バー「月に吠える」のマスターという顔ももつ。


このニュースに関するつぶやき

  • パチンコ風営ビジネス(..) 客だけでなく経営人従業員のセクハラパワハラもちゃんと書きなさい。 ホステスやパチンコ従業員から聞いてますぞ、悪質な悪事を�ʱ�(..) 結局そうゆうギャンブル依存の反社会産業なんだって。 格好つけるな(・・) 感情と富につけこむ商売だから暴利暴力が暴利暴力を生む
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 覚悟というか、垣根が低くなりすぎているのだろう。客の側はもちろん店の側にも本当は必要なことがなくなってしまったんだろうね。
    • イイネ!19
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定