秋山翔吾、4打数2安打で6度目マルチ レッズの連勝&ボットの記録は止まる

7

2021年08月01日 12:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真4回の第2打席に左中間突破の二塁打を放つレッズ・秋山翔吾
4回の第2打席に左中間突破の二塁打を放つレッズ・秋山翔吾
○ メッツ 5x − 4 レッズ ●
<現地時間7月31日 シティ・フィールド>

 レッズの秋山翔吾外野手(33)が7月31日(日本時間8月1日)、敵地でのメッツ戦に「8番・中堅」で先発出場。4打数2安打で今季6度目となるマルチ安打をマークしたが、チームは敗れ連勝は「4」で止まった。

 秋山は3試合連続のスタメン出場。メッツの先発左腕・ヒルに対し、先頭だった3回の第1打席は一塁への内野安打で出塁。一死後、1番・インディアの打席で二盗を狙ったが、ここは相手捕手の好送球に阻まれ失敗に終わった。

 2点リードで迎えた4回の第2打席は、二死一塁の場面で2球目の直球を逆方向へ。これが左中間を破る二塁打となり今季6度目となるマルチ安打を記録した。その後の2打席はいずれも空振り三振に倒れ、この日は4打数2安打。打率は.202となった。

 4連勝中のレッズは1点リードで9回を迎えたが、4番手のドゥーリトルが同点適時打を許し試合は延長戦へ。10回表は無死一、三塁の好機で1点も奪えず、その裏に5番手のセサがサヨナラ打を浴びた。

 また、球団記録の7試合連続本塁打中だった4番・ボットは5打数1安打で記録ストップ。8回の第4打席で本塁打性の右越え打を放ったが、打球は右翼フェンス最上部を直撃。惜しくもメジャー記録となる8試合連続本塁打を逃した。

このニュースに関するつぶやき

  • もう無理や(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 打率は.202、ここまで打てんとは思わんかった
    • イイネ!5
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定