映画『CUBE』トラップが次々と襲いかかる“劇薬”予告編解禁

8

2021年08月02日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)(C)2021「CUBE」製作委員会 
映画『CUBE 一度入ったら、最後』(10月22日公開)(C)2021「CUBE」製作委員会 
 1997年に公開され、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇るヴィンチェンゾ・ナタリ監督の『CUBE』を、菅田将暉主演でリメイクした日本版『CUBE』のサブタイトルが「一度入ったら、最後」に決定(10月22日公開)。死のトラップが次々と襲いかかる60秒”劇薬予告編“と本ビジュアルが解禁となった。

【動画】映画『CUBE』“劇薬”予告編解禁

 今回解禁された60秒予告編では、謎の部屋=CUBEで目覚めた、年齢も職業も違う6人の男女に次々と“死のトラップ”が襲いかかる様を見ることができる。全方向に謎の扉がある立方体の部屋で目覚めた6人の男女はエンジニア、フリーター、整備士、団体職員、中学生、会社役人と年齢出自共にバラバラ。謎の部屋から脱出しようとする彼らを、火炎噴射やワイヤースライサーなど、数々の死のトラップが襲うシーンが次々と映し出されていく。

 そして「劇薬系密室エンタテインメント開幕」と映し出された次の瞬間、不穏な音楽と共に、次々と不気味な気配が漂うシーンが映し出される。それぞれの部屋に並べられた暗号は何なのか? なぜこの6人が集められたのか? 一体誰がこんなトラップを仕組んだのか? 目的も正体も不明なCUBEの中で響き渡る絶望の叫び。互いを疑い、争い、極限状態で姿を表すのは一体…。

 謎を解く鍵が映し出されていながらも、見れば見るほどに謎が深まるばかり。死のトラップが張り巡らされたCUBEの中で死の恐怖と葛藤する6人の超刺激的な“劇薬予告編”となっている。

 予告編にあわせて本ビジュアルも解禁。今回解禁されたのは、真っ赤に染まったCUBEの中に放り込まれた6人のキャラクターが写っている、というもの。ある者は怯えた表情を、ある者は驚きの表情を浮かべている。その表情に隠された謎は一体何なのか。そしてCUBEが赤く染まる時は誰かの殺意を感知する時。一体誰が、誰に対して殺意を抱いているのか…。

 このビジュアル内にある2つの扉も注目ポイント。よく見るとそこには予告編にも映っていた数字が書かれているのが分かる。さらに、右下には謎の「手」が写っている。6人の誰のものでもないこの手、一体誰のものなのか、なぜこのようなところにあるのか非常に気になるところだ。そして右上には「死のトラップ迷宮。生きて出られるか。」という文字が。こちらもよく見ると、何かで引っ掻いたような跡が…。

 60秒予告編も本ビジュアルも、見れば見るほどに謎が深まる。気になるポイントが満載となっている。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 「オリジナル見ればいい」といういつものオチ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 壁をよじ登り、魔人に捕まらぬ様に部屋や穴を抜け、回転するキノコにしがみつき、球飛ぶ橋を越えて、最後は水鉄砲で対決… ←それ、違う。 https://mixi.at/acWu8RZ
    • イイネ!8
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定