ブリティッシュ・エアウェイズ、大西洋横断路線などで増便 入国規制緩和で

0

2021年08月02日 12:01  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

ブリティッシュ・エアウェイズは、イギリス政府による入国規制緩和に伴い、運航便数を増やす。

8月16日から、ロンドン/ヒースロー〜ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ線を4便増の週21便、ロンドン/ヒースロー〜ロサンゼルス・シカゴ線を3便増の週10便とする。8月23日からは、ロンドン/ヒースロー〜シアトル線は4便増の週7便、ロサンゼルス線も週14便に増やす。9月にも増便を計画している。また、ベルリンやジュネーブ、ハンブルクなどヨーロッパ各地へのフライトも拡大し、接続性を高める。

イギリス政府は8月2日から、渡航制限のある「イエロー」リスト国からの入国でも、新型コロナウイルスのワクチン接種を欧州連合(EU)やアメリカで完了することを条件に、隔離を免除すると発表している。アメリカからの予約は、イギリス政府の発表後数時間で95%増加したという。

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定