セブンの「パンケーキ チョコ」食べたら瞬殺でなくなる美味しさ「すごい、おもしろい、どうなってんだ?」

7

2021年08月02日 12:30  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真とろけるクリームがたまらない、セブンイレブンの「パンケーキ チョコ」(画像提供:味がうまいさん)
とろけるクリームがたまらない、セブンイレブンの「パンケーキ チョコ」(画像提供:味がうまいさん)

「セブンの冷食コーナーに売ってる『パンケーキ チョコ』。周りにフィルムがついたままレンチンして、レンジから出したらフィルムを上から引き抜くとコレになる。パンケ部分はほかほか、クリームは常温とろり、チョコはひんやりで『すごい』『おもしろい』『どうなってんだ』言ってたらなくなってた」という、味がうまい(@ajigaumai)さんのツイートが話題になっています。

【写真】セブンイレブン「パンケーキ チョコ」のパッケージ

添えられた写真には、見るからにふわふわのとってもおいしそうなパンケーキが写っています。
この商品は、セブンイレブンの「とろーりクリームのパンケーキ チョコ」。えっ、これがコンビニスイーツ? しかも冷食なの? と、思わず驚きの声が漏れるほどです。

気づけばなくなっていたという瞬殺モノのパンケーキについて、味がうまいさんにお話を聞きました。

──普段からコンビニスイーツはよく召し上がっているんですか?

はい。コンビニスイーツもコンビニアイスも、新商品を発見するとついカゴに入れてしまいます。

──「とろーりクリームのパンケーキ チョコ」のことはどのようにして知ったのですか?

店頭で偶然見つけました。仕事と育児でヘロヘロだった日の深夜、夫とともに「気になるもの全部買おうぜ!」といったノリで向かったコンビニで見かけたため、秒でカゴに入れていました。

──そのノリ、最高ですね! それが大成功だったと。実食された感想を教えてください。

レンジで解凍するとはいえ、全体的にひんやりしたものを予想していましたが、チョコレート・クリーム・スポンジと、層によって温度が異なることに驚きました。スポンジは卵の風味をしっかりと感じ、ビターでコクのあるチョコレートがアクセントになっており、全体のバランスが良いと感じました。

──聞くだけでめちゃくちゃおいしいのが伝わってきます! 今後もまた「とろーりクリームのパンケーキ チョコ」を買われますか?

できればシリーズ化して、さまざまな味で展開していただきたいです。個人的にはレモンやパッションフルーツなど、酸味のあるフルーツ系を期待します。

──酸味系、いいですね。セブンイレブンさんに届きますように。まずはチョコバージョンを「これから食べてみる」という人に、アドバイスがあればお願いします。

予想よりも出来上がりが華やかで楽しい気分になれるので、お気に入りのお皿にのせて、ちょっと特別な時間にするのがおすすめです。

──おうちでカフェ気分が楽しめますね。ほかにもお気に入りのコンビニスイーツ、ありますか?

ミニストップ「ハロハロ 果実氷」シリーズは毎回裏切られることがなく、コンビニスイーツの傑作だと思っています。「ハロハロ パチパチ夏ソーダ」も想像以上にパチパチしていて最高です! あとは、ミニストップ「フローズンヨーグルト」、セブンイレブン「濃厚卵のレトロプリン」も好きです。

「パンケーキ チョコ」を実食しました!

筆者もさっそくセブンイレブンに走り、冷凍コーナーで無事に「パンケーキチョコ」をゲット。高さが10cm前後あるので、自宅の冷凍庫に入れるときに思った以上のスペースが必要でした。いくつか買う方は、事前に空きスペースを作っておくことをおすすめします。

食べる手順を、パッケージの注意書きをもとにまとめてみます。

‥爐辰燭泙泙両ι覆鮗茲蟒个掘底の紙カップを外す。この時、ケーキを囲っている側面のフィルムははがさないこと。
電子レンジ対応の皿にのせ、ラップをかけずに温める。500wなら約2分、600wなら約1分40秒が目安。
やけどに注意しながら取り出し、フィルムを上に引き抜く。

うちの電子レンジは500wなのでジャスト2分加熱。
取り出してみると、見た目はほぼ変わりありませんが、フィルムが熱くなっています。
そしてすでに漂う卵っぽい生地の甘やか〜な香り! すでにおいしそう! 

フィルムを外すとクリームがとろ〜りと流れ出すんだねと予想し(パッケージの写真から)、ゆっくり、慎重に外します。が、加熱時間が少し短かったのか、しばらくしてから「と…ろ…」という感じで少し流れる程度でした。
パッケージには「冷たい場合は追加で10秒ずつ温めてください」とあったので、とろ〜りを望むなら追加加熱してみるといいかもしれません。

美しいルックスをしばし愛でたのち、ナイフを入れてみるととても軽くてふわっふわの感触が伝わってきました。2段になったパンケーキはきめ細かく、しっとりとしています。

食べてみると、味がうまいさんが言っていたように「ひと皿の中でいろんな温度を楽しめる」のが新鮮!
パンケーキはほんのりと温かく、クリームとローストアーモンドはほぼ常温、そしてチョコは常温〜ひんやり。
その感覚がおもしろくて、パクパク食べ進めてしまいます。瞬殺なの、わかるわ〜。
卵の風味が濃厚なパンケーキも「これだけで売って欲しい」と思うほど完成度が高かったです。

生地もクリームも軽やかなので一人でもペロッと食べてしまいました。
冷凍庫から出してたった2分でこのおいしさが味わえるのは感動モノ!

お値段は494円とコンビニスイーツとしてはちょっとお高めですが、それ以上の値打ちはあると感じました。フルーツやミントの葉を飾ったりしたら、さらにカフェ度がアップして楽しそう。いつでも買えるように、冷凍庫にスペースを空けておこうと思った次第です。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・泡☆盛子)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 瞬殺って言葉をこう言う記事で使うのってどうなのかなー、と。俺だけかな。 https://mixi.at/acWKnDB
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 記事を読んでも、 食べたら瞬殺でなくなるおいしさ          の意味が私には理解できませんでした。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定