「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」

42

2021年08月02日 16:28  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真夫と息子にお手製帽子のプレゼント(画像はトム・デーリーInstagramから)
夫と息子にお手製帽子のプレゼント(画像はトム・デーリーInstagramから)

 東京オリンピックで金メダルを獲得した英飛び込み競技代表トーマス・デーリー選手が8月2日にInstagramストーリーを更新。反響に答えて、最新の作品や編み物との関係を明かしています。



【画像】犬の服から家族の服まで、デーリー選手の作品



 デーリー選手は27日、獲得したばかりの金メダルをしまうためのお手製メダルポーチをInstagramで披露。イギリスと開催地日本の国旗を模したデザインや、高い完成度が話題になりました。



 これを受けてオリンピック公式Instagramは8月1日、チームメイトの応援に駆けつけたデーリー選手が会場で黙々と編み棒を動かす姿を掲載。デーリー選手のもとへは編み物関連の問いが殺到したようで「何を作っているの? とお尋ねの皆さんへ。ワンちゃんの服だよ」とコメント。編み物用のサブアカウントにも服を着た犬のショットを掲載し「めちゃくちゃかわいいでしょ!?」「昨日プールで編んでいたのはまた別の作品だけどね(笑)」と補足しています。あらおしゃれさん。



 またデーリー選手は現在、五輪のロゴにユニオンジャック「TEAM GB(チームイギリス)」のテキストを組み合わせたカーディガン制作も並行していると投稿。コロナ禍のロックダウン期間中に始めた編み物は、単なる趣味の枠を超えて「いまや気を落ち着け、ストレスを和らげるマインドフルネスの手段になった」とコメントしています。



 アスリートと編み物の組み合わせは、物珍しさもあって大きな話題に。デーリー選手の編み物アカウントには「もう編み物は“おばあちゃんがやること”ってイメージはない」とのコメントも寄せられ、「うちの子に着せたい」「猫の服も作って」と要望やオーダー希望の声が寄せられています。


このニュースに関するつぶやき

  • 文武両道ですね��������私も寒くなると愛犬のセーター編むけど、暑い時期はお休み(笑)
    • イイネ!13
    • コメント 0件
  • 夫と息子。ほら、英国は進んでるな。
    • イイネ!21
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(24件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定