「解説名人」藤森五段が哲也と名付けられた意外な理由

0

2021年08月02日 17:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真ふじもり・てつや/1987年5月9日生まれ、34歳。母は女流棋士の藤森奈津子女流四段。2011年に四段、17年に五段。新人王戦準優勝2回。YouTuberで「将棋放浪記」は視聴者多数(撮影/写真部・加藤夏子)
ふじもり・てつや/1987年5月9日生まれ、34歳。母は女流棋士の藤森奈津子女流四段。2011年に四段、17年に五段。新人王戦準優勝2回。YouTuberで「将棋放浪記」は視聴者多数(撮影/写真部・加藤夏子)
 AERAの将棋連載「棋承転結」では、当代を代表する人気棋士らが月替わりで登場します。毎回一つのテーマについて語ってもらい、棋士たちの発想の秘密や思考法のヒントを探ります。渡辺明三冠(名人、棋王、王将)、森内俊之九段(十八世名人資格者)、「初代女流名人」の蛸島彰子女流六段、「将棋界初の姉妹女流棋士」の中倉彰子女流二段に続く5人目は、「将棋界初の母子棋士」の藤森哲也五段です。3日発行の8月9日号に掲載したインタビューのテーマは「私の家族」。

【写真】ペア将棋を指す女流棋士の藤森奈津子さん

*  *  *

「解説名人」

 藤森哲也五段はファンからそう呼ばれている。今をときめく藤井聡太二冠(19)の対局のいくつかは、哲也の名実況とともにファンの記憶に残る。現在、YouTuberでもある。チャンネル登録者数は8万5千。対局実況や数々の斬新な企画が、幅広い層から好評を博している。

「将棋、すごい久しぶりに指すね」

 哲也はYouTubeのゲストにそう語りかけた。この日登場したのは父の保(63)だった。

「最後は勝ち逃げだったんだ。それで15年ぐらいもう指してない」(保)

「全く覚えてないよ」(哲也)

 父子はそう言って笑った。15年前、哲也は棋士の養成機関・奨励会に所属する二段。正式なプロに昇格するまであともう少しという立場だった。その子に勝てる父の技量は、並のものではない。父は往年のトップアマ。哲也が生まれる前の1983年、84年には全日本アマチュア名人戦で準優勝を飾っている。

「プロの強さがわかったかな?」(哲也)

「参りました」(保)

 15年ぶりの父子対局は、子の圧勝に終わった。当然の結果と言ってよいだろう。

「今度はおふくろを呼んでくる?」(哲也)

 ファンからもその要望がある。哲也の母は女流棋士の藤森奈津子(現女流四段、60)。出演は母が拒んでいるため、実現する見込みはない。

「夫は最初から、男の子だったら名前は『哲也』と決めてたんです」(奈津子)

 87年。奈津子と保の間に長男が生まれた。保は愛読書である阿佐田哲也の名作『麻雀放浪記』の主人公にちなんで子の名をつけた。

「子供が生まれたら夫の会社の社内報で紹介されるんですけど、名前の由来は『勝負強い子になるように』と書いていて。皆さん、意味はわかったんでしょうか」(奈津子)

 哲也はゲーム好きの子に育った。しかし両親が期待したとおりに、すぐに将棋を好きになったわけではなかった。

(構成/ライター・松本博文)


※3日発売のAERA 2021年8月9日号では、藤森哲也五段が将棋を好きになるまでの過程なども紹介。また、藤井聡太二冠と豊島将之二冠が戦う王位戦、叡王戦について、渡辺明名人とコンピューター将棋ソフト「水匠」開発者の杉村達也さんが、2人の対戦を読み解く豪華な布陣でお届けします。

    前日のランキングへ

    ニュース設定