タレントやアーティストを3DCG化 サイバーエージェントが著名人の分身「デジタルツイン」のキャスティングを開始

0

2021年08月02日 18:22  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    冨永愛のデジタルツイン                    Image by: CyberHuman Productions
冨永愛のデジタルツイン Image by: CyberHuman Productions
 サイバーエージェントが、タレントやアーティストなど著名人の公式3DCGモデルを制作し、著名人の分身となる「デジタルツイン」をキャスティングするサービス「デジタルツインレーベル」を芸能事務所および著名人向けに提供開始した。公式3DCGモデルはサイバーエージェントのAI技術研究組織「AI Lab」と、子会社でフォトグラメトリー技術やデジタルヒューマン等CG制作を強みとするCyberHuman Productionsが共同開発し、2023年までに著名人500人のデジタルツインの制作およびキャスティングを目指す。

 デジタルツインレーベルでは、事前に取得した著名人の全身の3DCGデータや、身体的特徴を捉えるモーションデータ、音声データなどをもとに高精細なデジタルツインを制作。広告プロモーションへのCGキャスティングや、デジタルツインを起用した企画立案に活用していくことで、新しい価値創出を狙う。
 具体的な取り組みとしては、本人同士の対談やドラマ・CMなどにおける未来と現在の姿での映像共演、アスリートのオンシーズンでのCM撮影を想定。ダンスや音楽の演奏といった本人のスキルを拡張した表現もCG技術により可能にする。
 公式3DCGモデルはガイドラインに則って制作・管理する。また、著名人の偽物を発見する技術に投資し、フェイクデータの検知・摘発を行うことで、著名人の著作権や肖像権の保護、各メディアの信頼性の確保、技術の正しい社会実装および発展を目指すという。
 1人目のデジタルツインにはトップモデルの冨永愛を起用。静止画だけではなく、バーチャルファッションショーでのウォーキングや本人の音声の合成など、動きのある映像出演を可能にした。

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定