カナダの銀メダル以上が確定! FIFAランク1位アメリカを下し悲願の決勝進出

5

2021年08月02日 18:58  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真東京五輪準決勝でアメリカとカナダが対戦した [写真]=Getty Images
東京五輪準決勝でアメリカとカナダが対戦した [写真]=Getty Images
 2日、東京オリンピック女子サッカー準決勝アメリカ女子代表vsカナダ女子代表が行われた。

 過去4度の金メダル獲得を誇る現在FIFAランキング1位のアメリカと、直近2大会連続で銅メダルを獲得している同8位のカナダ。北中米カリブ海予選でも対戦している両チームの対戦は、序盤からロングボールを使いながら縦に速い展開を見せるアメリカと、後方からショートパスを繋ぐカナダという構図となる。

 しかし、試合は20分過ぎにアメリカをアクシデントが襲う。ここまで大会全試合にフル出場し、準々決勝オランダ戦ではPKを止める活躍を見せていたGK アリッサ・ネイハーが、クロスの対応で脚を負傷。同選手はプレーを続行するも、30分に負傷交代でピッチを去った。その後は互いに素早い攻守の切り替えを見せる一進一退の攻防。結局、両チームともにスコアレスで前半を折り返す。

 迎えた後半、アメリカは60分にFWカーリ・ロイドを含めたFW3選手を同時投入し攻勢を強める。しかし、カナダもGKステファニー・ラビーを中心とした粘り強いディフェンスでゴールを許さない。

 すると72分、カナダは敵陣ペナルティエリア内でFWディアン・ローズが倒され、主審がVARを確認した結果、PKの判定に。これをMFジェシー・フレミングがゴール右へと決め、耐え忍んでいたカナダが先制に成功する。

 1点を追いかけるアメリカは、残り10分を切った状況でシステムを4バックから3バックに変更。前線の人数を増やし、同点を目指し攻勢を強めていく。

 しかし、最後までカナダがリードを守り抜き、試合は結局0−1で終了。これまで2大会連続で準決勝敗退を喫していたカナダが、悲願の決勝進出を手にした。

【スコア】
アメリカ女子代表 0−1 カナダ女子代表

【得点者】
74分 0−1 ジェシー・フレミング(カナダ女子代表)

このニュースに関するつぶやき

  • 北米&ワールドカップ���å���女王を強豪大陸な @UEFA 地域代表じゃなくていつもマウンティングされているに破られるとは�����ꥫɱ代表痛恨の一敗でしょう
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定