ダイナマイトの発明家アルフレッド・ノーベル。死後のイメージのために財団を設立したが、恋に夢中になったばかりに…/世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説

0

2021年08月02日 19:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説
世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説

 お金持ちは常人とは違う思考回路を持つもの。金銭感覚もひと味違う。1回の食費が1億円! 暖炉の位置が気に入らず家を作りなおさせ、市民に金塊をバラまく… そんなとんでもないお金の使い方とその大富豪の人生を追う、雑学エッセイをお届けします。大富豪のウソみたいなホントの仰天エピソードから、お金の使い方について考えてみては?

 ダイナマイトの発明家アルフレッド・ノーベルは死後のイメージのために財団を設立。恋に夢中になってしまったばっかりにまさかの形でイメージダウンをしそうになる。

※本稿は葛西りいち:漫画、真山知幸:原作の書籍『世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説』から一部抜粋・編集しました

世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説

世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説

世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説

世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説

世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説

世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説

世界の大富豪とんでも無駄遣い伝説

特別コラム
偉人研究家真山知幸が語るアルフレッド・ノーベル

 自分が死んだことにされるという、ありえない誤報により、ノーベルは期せずして、死後の評価を知ることになった。そのショックからノーベル賞を設立するが、ノーベルは、もともと自己評価が著しく低かった。自分のことをこんなふうに評している。

「この世に生を受けた瞬間に、慈悲深い医者ならそっと首を締め、息の根を止めてくれたであろう、哀れな人間」

 その原因はノーベルが発明した、ダイナマイトである。ダイナマイトは、運河の掘削、トンネルの着工、鉱山開発、鉄道や道路の敷設などで使われ、巨万の富をつかむ。その危険性を指摘されたときは、こう言い返している。

「科学技術の進歩は、つねに危険と背中合わせだ。その危機を乗り越えてはじめて、人類の未来に貢献できるのだ」

 だが、戦争で利用されるとなると、罪悪感にさいなまれる。1870年の普仏戦争では、プロイセン軍がダイナマイト爆弾を使用。大量殺人兵器として用いられてしまう。

 いわば、誤って出た訃報は一つのきっかけに過ぎず、ノーベルの心にはずっと暗い影が落ちていたのである。

 そう考えると、ゾフィーはとんでもない悪女だったが、ノーベルにとって、潤いになったことは確かだろう。暗い顔で落ち込んでいたノーベルが「可愛い子ちゃん!」と手紙に嬉々として書けるようになったのだから……。


動画・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定