映画動員ランキング:『竜とそばかすの姫』V3 『映画クレヨンしんちゃん』初登場2位

2

2021年08月02日 19:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真細田守監督のアニメーション映画『竜とそばかすの姫』(公開中)V3(C)2021 スタジオ地図
細田守監督のアニメーション映画『竜とそばかすの姫』(公開中)V3(C)2021 スタジオ地図
 最新の全国映画動員ランキングトップ10(7月31日・8月1日、興行通信社調べ)が発表され、7月16日に公開された『竜とそばかすの姫』が、土日2日間で動員28万4000人、興行収入3億6500万円をあげ、3週連続の首位を獲得した。累計では動員236万人、興収33億円を突破している。

【画像】ランキング2位以下の作品キービジュアル

 2位には土日2日間で動員21万1000人、興収2億3900万円をあげた『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』が初登場。初日から3日間での累計では動員27万人、興収3億円を突破する好スタートを切った。新型コロナウィルスの感染拡大によってGWから公開延期となっていた人気アニメシリーズの劇場版第29弾。声の出演はおなじみの小林由美子(しんのすけ役)、ならはしみき(みさえ役)、森川智之(ひろし役)らレギュラーメンバーに加え、特別出演として仲里依紗、フワちゃん、チョコレートプラネットら人気者が参戦。監督は『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱』の高橋渉が務めている。

 公開から4週目を迎えた『東京リベンジャーズ』は、土日2日間で動員17万6000人、興収2億1600万円をあげ3位にランクイン。累計では動員207万人、興収27億円を突破した。

 4位には、ディズニーランドの人気アトラクションを実写映画化したスペクタクル・アドベンチャー『ジャングル・クルーズ』が初登場。土日2日間で動員11万2000人、興収1億5300万円をあげた。出演はドウェイン・ジョンソン、エミリー・ブラント、ポール・ジアマッティほか。監督は『トレイン・ミッション』『ロスト・バケーション』のジャウマ・コレット=セラ。

 5位には新作『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』がランクイン。人気ゲーム「Fate/Grand Order」をテレビアニメ化した『Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア』の続編。テレビシリーズに続いて赤井俊文が監督を務めている。声の出演は島崎信長(※崎はたつさき)、高橋李依、川澄綾子ほか。

 続く6位にも新作『イン・ザ・ハイツ』が初登場。最優秀作品賞を含むトニー賞4冠とグラミー賞最優秀ミュージカルアルバム賞を受賞した傑作ブロードウェイ・ミュージカルを実写映画化。出演はアンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンズ、レスリー・グレイスほか。監督は『クレイジー・リッチ!』のジョン・M・チュウ。

 ほか新作では中国発のフル3DCG長編アニメーション『白蛇:縁起』が10位でスタートを切った。

■全国映画動員ランキングトップ10(7月31日・8月1日)
1(1→)竜とそばかすの姫(公開週3)
2(NEW)映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(1)
3(2↓)東京リベンジャーズ(4)
4(NEW)ジャングル・クルーズ(1)
5(NEW)Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン(1)
6(NEW)イン・ザ・ハイツ(1)
7(4↓)ハニーレモンソーダ(4)
8(3↓)セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記(2)
9(5↓)ゴジラ vs コング(5)
10(NEW)白蛇:縁起(1)
※11(10↓)とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー(2)

このニュースに関するつぶやき

  • ゴジラはもうダメか…��
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定