クラッシュのボッタス「ブレーキングポイントの判断を誤った」代表がマクラーレンとレッドブルに謝罪/F1第11戦

0

2021年08月02日 19:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第11戦ハンガリーGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が決勝でクラッシュ
2021年F1第11戦ハンガリーGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)が決勝でクラッシュ
 2021年F1ハンガリーGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは、アクシデントによりリタイアした。ウエットコンディションでのスタートで、2番グリッドから出遅れたボッタスは、ターン1手前でランド・ノリス(マクラーレン)に追突、その後、セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)に接触した。ノリスはそばにいたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)にヒットした。この事故でノリスとペレス、ボッタス自身がリタイアしなければならなかった。

 スチュワードは、ボッタスに全面的に責任ありと判断し、次戦ベルギーGPでの5グリッド降格ペナルティと、ペナルティポイント2を科した。

 チーム代表トト・ウォルフは「小さなミスが大きな結果につながり、何台かのマシンにダメージを与えてしまった。マクラーレンとレッドブルには申し訳なく思う。レース開始直後にこのような事故でマシンを失うのは、受け入れがたいことであるからだ」とコメントした。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス 決勝=リタイア
 蹴り出しの際にひどいホイールスピンが起きて、スタートを失敗した。いくつか順位を落とした後、ターン1を前にランドのすぐ後ろを走っている時に、ホイールをロックさせてしまった。ブレーキングポイントについて判断ミスをした。こういうコンディションでスタートするのは楽なことではない。グリップレベルを推測し、見積もって、行動しなければならないのだが、今日の僕はそれを誤った。

 ランドとチェコのところに謝罪に行った。今日のことは僕が悪かった。そういう時には自分が悪かったと認めなければならない。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定