サヨナラ勝ちの日本代表・稲葉監督が選手たちに賛辞 「すぐに取り返していたので」

0

2021年08月03日 03:10  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真稲葉監督とサヨナラ打を放った甲斐拓也選手
稲葉監督とサヨナラ打を放った甲斐拓也選手
東京五輪ノックアウトステージ
○ 侍ジャパン 7x − 6 米国代表 ●
<8月2日・横浜スタジアム>

 東京オリンピック(五輪)の野球日本代表・侍ジャパンは2日、ノックアウトステージの第2ラウンドでアメリカ代表と対戦し、延長タイブレークの末に7−6でサヨナラ勝ち。試合後、日本代表を率いる稲葉篤紀監督は「選手たちがよくやってくれたと思います」と、感謝の思いを口にした。

 試合は、今大会初めて先手を奪うことに成功したものの、先発の田中将大が直後に逆転を許す苦しい展開。日本はすぐに追いついたが、今度は3番手の青柳が3ランを被弾し、3点を追う展開に。しかし、その裏に鈴木誠也に待望の一発が生まれるなど、1点差に迫った。

 その後は、互いに追加点を奪えないまま9回へ。すると9回裏に一死一、三塁から柳田悠岐の内野ゴロの間に追いつき、無死一、二塁から始まるタイブレークの10回表を栗林良吏で無失点に抑えることに成功。その裏に栗原陵矢の犠打で二、三塁とし、最後は甲斐拓也が右翼フェンス直撃のサヨナラ打を放った。

 稲葉監督は、一死二、三塁となり、色々な作戦が考える中で甲斐が打ちにいった場面について問われると、「(甲斐)拓也が打っていいですかということだったので」と振り返り、甲斐の意思だったことを明かすと、10回表を無失点に抑えた栗林には「本当によく抑えてくれた」と感謝。リードを許した試合展開については「すぐに取り返していたので雰囲気的には良かった」と語り、この試合で全選手が出場したことにより「みんなが落ち着いてプレーできるんじゃないか」と、今後のさらなる活躍に期待を寄せた。

 侍ジャパンの次戦は8月4日(水)19時から横浜スタジアムで行われる韓国戦。指揮官は「全員野球で戦っていきたい」と語り、チーム一丸となって日韓戦に臨むことを誓った。
    ニュース設定