【実録】こんな女性に憧れる!ママたちが感激した“ママ友の神対応” #5「おしゃべりなふりして…」

3

2021年08月03日 12:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
“ママ友付き合い”と聞くと、どうしても面倒ごとやストレスなどネガティブなイメージがあるもの。

【実録】“ママ友トラブル”で仲直りできた人 #4「そういうのあげてないから」

実際、ママ友トラブルに悩んでいるという人も多いのが事実です。

しかし一方で、「こんなママ友に救われた!」「私のママ友かっこよすぎ!」という経験をした人も。

今回は、ママたちが尊敬のまなざしを向けた「ママ友の神対応」についての実録エピソードを紹介します。

「息子の幼稚園の違うクラスに、とにかく保護者たちの職業に興味津々なママがいます。

そのママがどうやら私と夫のことを『〇〇くんのママ、いまだに音楽で飯を食うみたいなこと目指してて、パパは日雇いみたい。お金どうしてるんだろ(笑)』みたいに笑っていたらしいのです。

どこで勘違いが起こったのかわからないですが、私のやっている音楽はオーケストラで、ちゃんとプロの楽団に所属してお金をもらっているし、夫も一応は役職のついた建設作業員で日雇いではありません。

もしかして“音楽関係=売れないミュージシャン”、“建設関係=日雇い作業員”だと思っているのかな……。

そんな折、あるおしゃべりママが勘違いママの前で『そういえば〇〇くんママって、あんなに若いのにオーケストラのパートリーダーらしいよ! あそこ、パパも会社の2番手とかでしょ? 若い頃から働きに出てる人たちってのは違うね』と大げさに褒めてくれたらしいんです。

その場にいたママ友たちが『あれは絶対、ただのおしゃべりなふりしてフォローしてたよ』『能天気なふりして結構鋭いんだよね』と。さりげない神対応に感謝です」(自治体オーケストラ職員/26歳)

誰しも、職業などに対して偏ったイメージを持っていることがあるものです。しかし、物事を一辺倒に捉えて人を見下すような発言をすると、逆にバカにされてしまう原因になります。

むしろ、このさりげなくフォローしてくれたママ友の行動は、今回話してくれたママにとってだけではなく、勘違いママにとっても自分の言動を顧みる良いきっかけになったかもしれません。

このニュースに関するつぶやき

  • 登場人物全員が「日雇い」をバカにしているのはよく分かった。しかーし「日雇い派遣」ならば、60歳以上を除いて世帯年収が500マソ以上ないと出来ないからねぇ〜。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定