乙(きのと)を持つ人は、陰の実力者として暗躍する!?【四柱推命で占う、あなたの性格】

0

2021年08月03日 12:31  占いTVニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

占いTVニュース

写真写真

 運命学の帝王といわれる占術、四柱推命。今回は、四柱推命の天干から、あなたが生まれ持った本質を読み解いていきましょう。


■四柱推命とは
 四柱推命は、古代から中国で行われてきた占術です。その的中率の高さから「占いの帝王」とも呼ばれ、人々の間で重んじられてきました。四柱推命には五行思想が取り入れられています。五行とは、「この世界は『木・火・土・金・水』という5つの元素から成っている」という考え方です。五行がそれぞれ関係し合っており、この世のすべての事象は、五行が活かし合ったり(五行相生)、剋し合ったり(五行相剋)することで起こります。


◎天干
 五行の要素を、それぞれ陰と陽に分けることで考え出されたのが「干」です。干は天の気を受けて動くので「天干」とも呼ばれています。


■天干で見る、あなたが生まれ持った本質
あなたの命式を算出したら、まずは日柱の天干を見てみましょう。天干からは、生まれ持った本質を読み取ることができます。天干が持つ象意と合わせて説明します。


◎甲(きのえ) 木+
 天に向かって上へ上へと伸びてゆく生命力を意味します。まっすぐな性質で、曲がったことが嫌い。明るくて活発な特性をあらわします。


◎乙(きのと) 木−
 可憐な草花を意味します。従順で慎み深く、忍耐強い性質がですが、状況に左右されがちという優柔不断な一面も。組織のナンバー2、陰の実力者といった特性を持ちます。


◎丙(ひのえ) 火+
 輝く太陽を意味します。情熱的で、ささいなことにはとらわれない、アクティブな性質です。行動的な反面、持久力に欠ける面もあります。


◎丁(ひのと) 火−
 たき火や、ろうそくの火など、あたたかく小さな火を意味します。穏やかで落ち着いた性質ですが、内側には鋭さと急進性を秘めています。


◎戊(つちのえ) 土+
 山や岩石、堤防の土などを意味し、安定した性質を持っています。世話好きで情もあり、人に対して寛大に振る舞える特性も。


◎己(つちのと) 土−
 湿地を意味します。規律正しく、注意深い性質です。一見単純なようですが、内側には計り知れない複雑さを秘めているのが特性です。


◎庚(かのえ) 金+
 鉱石、鋼鉄、刀剣を意味します。正義感が強く一本気な性質。柔軟性に欠け、安易な妥協もできません。プライドの高い正義漢です。


◎辛(かのと) 金−
 宝石、砂金を意味します。繊細で感受性が強い性質を持ち、こだわりが強く、内へとこもりがちです。周囲との交流が減り、孤立する傾向が。


◎壬(みずのえ) 水+
 大河の水を意味します。清濁を併せのむほどに度量が大きく、豊かな愛情を持っています。一途なあまり、トラブルに巻き込まれがちに。


◎癸(みずのと) 水−
 雨露を意味します。正直で勤勉、くじけずに頑張る性質を持っています。神経過敏で怒りやすい性分もあり、甘えん坊なところも。


    前日のランキングへ

    ニュース設定